アプリは新しいキャッシュポイントになり得る。

アプリクッキングがスタートして1年半。

250社以上の方にアプリを使っていただいておりますが、最近気がついたことがあります。

アプリは思っていた以上に、キャッシュポイントとして成立するということ。

私たちは、アプリを「情報の整理」に置いて最適なツールだと考えサービスを展開しております。

アプリに大きな費用をかけても、費用対効果として資金的な回収は難しい

だから、アプリにはできるだけ費用をかけないほうが良い。(何百万の制作費をかけたアプリ、なかなか見合う成果が難しい)

これが、私の考えでした。

しかし、アプリを実際に使っていただいているお客様の中に、アプリを新たなキャッシュポイントとして成立させ想像以上の費用対効果を作り出している会社さんが出てきています。

要はアプリで売上を大きく作っているのです。

私たちは、自分たちの考えで勝手に収益は難しいとしていました、そうではないということをお客様が教えてくれました。

私たちは考え方を変えなければいけない。そう強く感じます。

アプリは新たなキャッシュポイントとして立派に成立できる。今後はこれも強くオピニオンしていく考えです。

 

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。