アプリの運用に便利な小技シリーズ|AirDrop編

こんにちは。アプリクッキングの坂口です。

アプリの運用に便利な小技シリーズ、今回は「AirDrop(エアードロップ)」についてです。

アプリを更新しているとき、iPhoneに入っている写真を使いたい!っていうときありませんか?

AirDropを使いこなせば、簡単にデータのやり取りができてしまいます。

アプリを運用しているお客様向けに書いていますが、Macを使って仕事をされている方も必見です!

Macを使っている方限定の機能になります。

では、早速ご紹介していきます。

AirDropって?

iPod/iPad/iPhone/Macに搭載されている機能なんですが、赤外線よりも簡単にデータのやり取りができちゃう機能なんです。

みなさん、iPhoneに入っているデータをパソコン、iPad・パソコンに移すときどうしていますか?

iPhoneとパソコンをケーブルでつないだり、もしくはメールでデータを送ってみたり、DropBoxなどを使ったり、色んな方法がありますが、少し手間ですよね。エアードロップの使い方を覚えれば、データのやりとりはとっても簡単です!

AirDropを使う前に

1)WiFiまたはBluetoothをONにします。(送信側、受信側どちらも)

・iPhoneの場合

 

airdrop1矢印の方向にスワイプするとコントロールセンターが立ち上がります。WiFiとBluetoothをONにしておいてください。

・パソコンの場合

airdrop12システム環境設定を開き、ネットワークとBluetoothからONにしてください。

・iPadの場合

iPad1iPhoneと同様、矢印の方向にスワイプしWifiとBluetoothをONにしてください。

AirDropで写真を移行

では早速、iPhoneに入っている写真をパソコン、iPadへ移行します。

データを送信する側(iPhone)

1)コントロールセンターを開きデータをやりとりする範囲を選択します。

airdrop2赤枠の部分をクリックすると、やりとりする範囲を選択できます。

 

オフ:AirDrop機能がオフ

連絡先のみ:iPhoneに連絡先を登録している人とデータのやりとりができる

すべての人:近くにいるiPhone/iPad/Macユーザーすべての人とデータのやりとりができる

「連絡先のみ」を選択する場合、iCloudへのサインインが必要になります。iPhoneの「設定」→「iCloud」でサインインしてください。

2)写真フォルダを開きます。

airdrop3

3)パソコンへ移動したい写真を選択します。(複数選択可能)

airdrop5

4)左下のアイコンをクリックすると、AirDropのアイコンが表示されます。

airdrop6

5)データを送信したい相手を選択します。

airdrop7データ送信完了です!

受信側(パソコンの場合)

1)AirDropを開きます。

airdrop8

2)データを受け取る範囲を設定します。

airdrop10この状態で相手からデータが届くのを待ちます。

 

※何も表示されない場合は、「お探しの相手が表示されませんか?」→「古い機種のMacを検索」を選択してみてください。

airdrop11

4)データが届くとダウンロードフォルダに保存されます。

airdrop9データ受信完了です!

受信側(iPadの場合)

1)データが届くと、ポップアップが表示されます。

iPad3「受け入れる」を選択します。

2)写真フォルダに保存されます。

iPad4

 

まとめ

いかがでしたか?エアードロップはインターネットに接続していなくても使える機能で、速度も速いのでとっても便利です。動画も送信できますよ。AirDropの機能を使いこなせば、iPhoneで撮った写真も簡単にアプリに設定できます。アプリの更新だけでなく、色んな場面で活用できて、きっと、お仕事する上でなくてはならない機能になると思います。ぜひ活用してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング取締役副社長。 ブログでは、日々の学びやお客様からいただいたリアルな声、弊社の雰囲気や社員紹介などを私なりの表現でさせていただきたいと思います。