アプリ開発にかかる費用とは?アプリを作りたい人が知るべき4つのポイント

「アプリ開発の費用ってすごく高いイメージ」の方は多いと思います。実際それなりの費用がかかります。

しかし、ここ5年ほどでアプリ開発は一般人にもできるものになりました。趣味でアプリを開発・運用して利益を出している個人がいるのも事実です。

今回はアプリ開発を業者に頼んだ場合、「大体いくらかかるのか?」「開発してもらう機能でいくら変わるのか?」など、アプリ開発でかかるおおよその費用とその他に注意すべき点を洗い出しました。

さらに低価格でアプリを持つ3つの方法についても、ご紹介しています。

アプリを持ちたい人必見の内容です。

目次
  1. アプリ開発費用の大まかな相場
  2. 開発するアプリの種類で変わる費用
  3. アプリを維持するため費用がかかるもの
  4. 低価格でアプリを持つ3つの方法
  5. まとめ

1.アプリ開発費用の大まかな相場

『アプリ開発会社年鑑2015』に掲載している全国123の会社の中から、開発費用を掲載している約80の会社を参考にして、相場を出してみました。

全国約80社のアプリ開発会社が公開している最低価格と最高価格と平均価格

最低価格 0円
最高価格 3億円または上限なし
最低価格の平均 124万円
最高価格の平均 2331万円

参照 アプリ開発会社年鑑2015

最低価格の0円は、企画が面白ければ、開発するので儲けを折半するというものです。最高価格は突き詰めればいくらでも費用をかけて作れるということです。

最低価格の平均である124万円は、安く作るならこの価格以下でも作れるという指標になります。最高価格の平均である2331万円も、大規模なシステムを構築したとしても、2331万円以下で開発してくれるところがあるのがわかります。

しかし、アプリ開発費用の相場を出すことは難しく、正解はどこにもありません。複数社見積もりを出すことをオススメしますが、ここでも抽象的な企画案を持って見積もりを出してもらっても、参考にならない見積もりをもらうでしょう。別の記事でアプリ開発会社に費用の見積もりを出してもらう時のポイントはご紹介します。

2.開発するアプリの内容で変わる費用

以下は、「スマートフォンアプリ開発会社BEST5」が紹介している内容別の費用です。

アプリの内容別での費用の目安は以下の通りです。

  • ショッピングカート系:10万円~300万円
  • カタログ・フリーペーパー系:50万円~100万円
  • 通話・メッセージアプリ系:100万円~500万円
  • ゲーム系:300万円~1,000万円
  • SNS位置情報系:500万円~1,000万円
  • ツール系:50万円~300万円

出展 スマートフォンアプリ開発会社BEST5

スマートフォンアプリ開発会社BEST5にも記載されていますが、やはり開発会社に詳細な見積もりを出してもらわないことには、アプリの開発費用は出せません。あくまで目安だと思って下さい。

やはり画面を表示させるだけの機能がないアプリは開発費用が安くなり、ゲームなどの複雑な機能を持つアプリの開発費用が高くなります。

3.アプリを維持するため費用がかかるもの

アプリ開発の費用は、開発費用の一回だけではなく、通常維持費もかかります。費用を調べても

以下の2つが維持するために主にかかるお金です。

  • 保守メンテナンス代
  • サーバー代

費用に関しては、アプリ開発会社とサーバー会社によって変わります。見積もりをするときは、このあたりの金額も聞き漏らさない様に注意しましょう。

4.低価格でアプリを持つ3つの方法

先ほどの相場を見てアプリを諦めるのは、まだ早いです。低価格でアプリを持つ方法が以下の3つです。

  1. 低価格のアプリ制作サービスを利用
  2. レベニューシェアできるアプリ開発会社に0円で作ってもらう
  3. 自分で開発

低価格のアプリ制作サービスを利用

低価格でアプリを持ちたいならこの方法が1番のオススメです。弊社のアプリクッキングもこの部類に入ります。日本海外問わず、集客やブランディングでアプリを使いたいお店の導入が多いのも特徴です。

アプリクッキングをスタートする前に海外や日本のアプリ制作サービスの調査を行った際、この手のサービスは初期費用がかかる所は少なく、月額費用も1万から3万円ほどでアプリを持つことができることがわかっています。

初期費用に関しては10万円以上かかる所ほどんどありませんでした。

ただし複雑なアプリを作る事はできません。ゲームなどは作れないと考えておきましょう。

レベニューシェアできるアプリ開発会社に0円で作ってもらう

レベニューシェア: Revenue share)とは、アライアンス(提携)手段のひとつ。支払い枠が固定されている委託契約ではなく、パートナーとして提携し、リスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益をあらかじめ決めておいた配分率で分け合うこと。

出典 wikipedia

ここで紹介するレベニューシェアとは、アプリで利益を生み出した時の利益を折半する割合を決めておき、アプリ開発会社にお願いすることです。

アイデアを実現するアプリを開発する能力は重要なものですが、いくら開発ができてもヒットさせるのが難しく企画がより重要です。

企画が面白くないのに、わざわざ費用0で開発してくれる会社はないのでご注意下さい。

ただし費用的に実現不可能だったものが、実現できる可能性は高くなるので、まずは企画書を作ることをオススメします。

自分で開発

オススメはできませんが、費用を最低限に抑えて利益も折半する必要はありません。

実際にアプリ開発に挑戦する人は増えています。しかし多くの場合プロに頼むのが無難です。

5.まとめ

詳細なアプリ開発の費用を知るには見積もりを出してもらうしかありません。しかしアプリクッキングのようなアプリ制作サービスでは予め費用が決まっているものもあります。

まずは自分がどんなアプリを作りたいのか?必要な機能は何か?の考えをまとめることからはじめましょう。

それが決まっているのであれば、複数のアプリ開発会社に見積もりを出すか、弊社の様なアプリ制作サービスにご相談ください。