コミュニケーションデザインが最重要。

毎日、本当に様々な業種の方とお打ち合わせをさせていただきます。

よく、業種を絞らないのか?

ということも言われますがアプリクッキングは、戦略的に業種を絞るということはしません。

「ターゲット」という言葉をあえて使いますと、アプリクッキングのターゲットはホームページを持つ個人、法人

全てになります。

ただ、重要なことが「ターゲットの質」です。

ここはすごくこだわっており、実はセグメントしています。

 

私たちは、お客様のことを本当に100%考えてビジネスしている方に是非アプリを活用して欲しいと考えています。

何かを「売る」ことが目的ならアプリはそんなに役にたたないかもしれません。

しかし、お客様、特に顧客様とのコミュニケーションを目的とし、買っていただくこともコミュニケーションの中にあるとお考えの方にはアプリは非常に効果的なものだと私たちは考えています。

 

その理由は、コミュニケーションのインフラが「スマホ」に変わったからです。

スマホは、全てがアプリで起動しています。

検索を行う時は「Chrome」や「Safari」のアプリで行います。

メールをする時は、「Gmail」などのアプリで行います。

電話もアプリ、LINEもアプリです。

これから3年もすれば、「検索」も大きく変わることでしょう。

検索エンジンでホームページを検索する時代は、PCの時代の文化です。

例えば何かを「妄想」したい時はInstagramで検索します。

最新情報、ニュースが知りたい時はTwitterで検索します。

お店が知りたい時は、食べログやぐるナビ。

美容室ならホットペッパービューティーですね。

 

グーグルの検索エンジンで検索しても今や広告とSEO対策されたものばかりが上位表示され、あまり役に

立ちません。

そして私たちが見ている、これからくる未来の検索エンジンは「AppleStore」と「Googleplay」です。

ここで、検索すればアプリが表示されます。アプリには審査があります。

ここが重要です、どんどんいらないコンテンツはWEBの世界から排除されていきます。

 

さらにその先は、検索を「音声」で行うのが当たり前になるでしょう。

「Siri」などがそうです。

スマホでSiriを使って検索する、検索結果にアプリを表示そのままダウンロード。

これが、さらに未来の主流の形と私たちは考えています。

キーボードが懐かしい、そんな未来は遠くありません。

ホームページはPCだと迫力もあり、見応えあります。しかしスマホだと縦長の小さな画面でしか表現できません。

ユーザーもホームページにそういったことを求めなくなるでしょう。

ユーザーが求めるのは「便利さ」と「メリット」です。

アプリなら、ワンクリックで地図の表示、電話をかける。ポイントを貯める。なんでもできます。

クーポンなどのメリットも用意できます。そして、ホームページと違い情報を届けること、受信することができるのです。

企業のマーケティングは複雑になる一方ですが、その根底は顧客とのコミュニケーションだと思います。

そのためのインフラを整え、コミュニケーションの流れ全体をデザインすることが重要ではないでしょうか?

コミュニケーションデザインが明確になった上で、アプリが必要なのか、電話が必要なのか、ホームページが必要なのか。

私たちはそう考えています。

アプリが何かを解決してくれることはありません、電話機が何かを解決してくれないのと同じです。

電話番号を定めて、電話番号をコミュニケーションとりたい方に知ってもらい、初めて電話は機能します。

解決してくれます。

これから来る、アプリというインフラ。AppleとGoogleにはどんな未来が見えているのか、私たちはこの世界一の企業が作る新しい世界を楽しみにしています、そして少しでもその新しい世界を創ることに関わりたい。

そんなふうに考えています。

 

 

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。