コーポレートアプリが急増中!企業が公式アプリを持つ必要性について書いてみた

コーポレートサイト (Corporate website) とは、企業自身の公式ウェブサイトである。顧客や取引先/協力企業、投資家、採用希望者との円滑なコミュニケーションを行うために設けられる。

これは、コーポレートサイトと検索した時のWikipediaの内容です。ではコーポレートアプリとは?まだ検索してもWikipediaにはありません。これからのまったく新しい概念です。

今回は、このコーポレートアプリという新しい考え方をご紹介したいと思います。

0.コーポレートサイトとは

コーポレートサイトと言えば、会社のホームページです。会社のことを誰かが調べたいと思った時に、会社のホームページから情報を得ます。以下のような内容が一般的でしょう。

会社概要、プレスリリース、製品・サービス、情報、住所、問い合わせ先などです。上場企業になると、さらに採用情報、IR情報、新規取引情報などの情報も含まれていることが多いです。

コーポレートサイトはコーポレートアイデンティティーを重視する企業にとっては、ロゴやブランド名、キャッチコピーにコーポレートカラーがはいされるなど、ブランド・イメージに沿った意匠が尽くされる傾向があり、現在では、宣伝・広告といったマーケティング用の重要なツールの1つとなっています。

meiji
ザ・コーポレートサイト

出典 株式会社明治

1.コーポレートアプリとは

それではコーポレートアプリとはどんなものかという話です。コーポレートアプリの役割は、情報センターのようなイメージです。要するに情報のハブです。

企業の情報発信源がコーポレートサイトだけだった時代はそれでよかったのですが、今の時代は様々な情報発信源があります。例えばコーポレートFacebookやコーポレートTwitter、コーポレートInstagramにコーポレートブログ。コーポレートYouTubeに、その他多数のメディアやサイトに掲載していたりと、会社一つに対してかなりの情報発信源があります。

コーポレートアプリは、これらをひとつにまとめる役割を果たします。

Corporate

2. コーポレートサイトとコーポレートアプリの決定的な違い

コーポレートサイトとコーポレートアプリの決定的な違いは「プッシュ通知」です。コーポレートサイトは常に待ちの姿勢なのに対して、コーポレートアプリは必要な時に通知をすることができます。

コーポレートサイトを更新しても、気付いてくれる方はほとんどいません。そこでコーポレートアプリの出番です。コーポレートサイトの情報更新をプッシュ通知でお知らせしましょう。

この「プッシュ通知」がコーポレートサイト(スマホ版)とコーポレートアプリの決定的な違いです。

コーポレートアプリは、コーポレートサイトのアクセス数をあげる働きをしてくれます。

push2

3.従業員を情報強者にするコーポレートアプリ

私たちは、企業はまず従業員にしっかりと情報を届けることが大事だと考えています。店員さんに何かを質問した時に店員さんが知らないというような経験は誰にでもあると思います。

私は経営者として、それは非常に恥ずかしいことでありお客様への信用を失うことにつながると考えています。会社の新しい情報について、常に従業員のほうがお客様より詳しいという状況を、まずは作ることが重要だと考えています。

よって、まずコーポレートアプリをダウンロードすべきなのは従業員だと考えています。

4.従業員の家族にもダウンロードしてもらいたい

家族の方に会社の情報をしっかりと知ってもらうことも重要ではないでしょうか?会社のアプリを従業員の家族にもダウンロードしてもらうことで、それが実現できます。

従業員が仕事に集中できるかどうかは、家族の支えが非常に重要になってきます。会社が今どんな状況で、どんな取り組みをしているのか、いつが忙しい時期なのかなど、家族にしっかりと知ってもらうことで、従業員は安心して仕事ができるのではないでしょうか。

5.プレスリリースと相性抜群

コーポレートアプリのプッシュ通知機能を使いプレスリリースを行います。メディア関係者や、企業の顧客や提携先企業の方にアプリをダウンロードしてもらっておけば、しっかりとプレスリリース情報を届けることができます

コーポレートサイトのプレスリリースのアクセス数を一度調べてみてください。多くの場合がっかりしてしまうようなアクセス数です。

コーポレートサイトはいつ更新されたかわからないので、アクセスがなかなか集まらないのはあたりまえです。プレスリリース時にアプリのプッシュ通知でしっかりと情報をお届けすることで、コーポレートサイトの訪問者を増やすことができます。プレスリリースをより効果的なものにできるでしょう。

スクリーンショット 2016-02-24 15.33.21

出典 PR TIMESサービスページ

6.採用に効果的

コーポレートアプリは採用にもつながるでしょう。これからの時代の若い方はアプリをあたりまえに使いこなします。アプリがあたりまえの世代を採用したいなら、コーポレートアプリは有効でしょう。

採用情報、説明会のご案内など、プッシュ通知で配信することで、企業に興味のある方を集めることができます。

7.個人情報の登録がないのが魅力

アプリはダウンロード時に個人情報の登録が必要ないというのが魅力です。気軽にダウンロードできるので、メルマガなどは嫌だけど情報はほしいというニーズに応えることができます。

これはかなり重要なことです。個人情報の登録やメールアドレスの登録は今、非常にハードルの高いものになってきています。

まとめ

app-c

正直なくてもまったく困らないもの。それがコーポレートアプリです。しかし、あれば便利であることは間違いありません。

情報源が増えすぎた今の時代、従業員ですら情報についていけていないということが多々あります。

「情報のハブ」となるものが必要な時代なのではないでしょうか?その情報のハブの役割にぴったりなのがコーポレートアプリです。

想像してみてください、多くの時間手に持っているスマホの中にコーポレートアプリがダウンロードされていれば、従業員や関係者などにとっていかに便利か。

会社の情報をしっかりと関係者に伝えることができる便利なコーポレートアプリ、今後はマーケティング用の重要なツールの1つとなることでしょう。コーポレートアプリを使えば様々な新しいマーケティング戦略をうつこともできるでしょう。

アプリを使ったマーケティング戦略はこちらを参考にしてください

多店舗展開しているお店で効果絶大のマーケティング戦略!オウンドメディア×公式アプリ×拡散力!

2016.02.29

コーポレートアプリ、試してみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。