ホットペッパービューティーが月末の土日前なのに予約ができない!予約システムの障害情報

本日10/29、ホットペッパービューティーの予約管理システム(サロンボード)が障害を起こし、全国で予約が取れない状況になっています。

ホットペッパービューティーを運営する株式会社リクルートライフスタイルから詳しい原因は発表されていません。(2015/10/29 15:15時点)

この日は、以前からホットペッパービューティーの広告掲載費の引き上げでリニューアルすることが決まっていました。ページの表示なども変更されるリニューアルだったため、リニューアル直後にアクセスが一気に集まったのが原因ではないかと言われています。

現在の状況と原因と対策についてまとめました。

1.ホットペッパービューティーからネット予約はできません(10/29 15:16時点)

ホットペッパーからの情報は現在これだけです。直接リクルートの担当者から美容室などには電話で連絡があったみたいです。

スクリーンショット 2015-10-29 15.15.15

出典 ホットペッパービューティー

ネットで探してみると今のところリクルートからの情報はこれだけです。

スクリーンショット 2015-10-29 15.23.26

出典 ホットペッパービューティー

2.現在はネット予約ではなくて電話予約で対応しているようです

以前通っていたサロン情報がトップページに載っていたので、クリックしてみました。

スクリーンショット 2015-10-29 15.28.03

出典 ホットペッパービューティー

指名して予約をクリックしてみると以下の画面にたどり着きます。

スクリーンショット 2015-10-29 15.27.37

出典 ホットペッパービューティー

普段はどこを探してもなかなか見つからない電話番号が見つかりました。 いつもはネット予約をしているかも知れませんが、本日は電話で予約してあげて下さい。

3.Twitterで「ホットペッパー」と調べると状況がチェックできます

スクリーンショット 2015-10-29 15.33.36

出典 Twitter内「ホットペッパー」と検索した表示画面

こういう時のTwitterは本当に便利です。美容室に関わる人は他にも以下のようなことをTwitterで検索すると全国の状況が把握できます。 「ホットペッパー 予約できない」 「ホットペッパービューティー」 「ホットペッパービューティー 使えない」 しかもTwitterは本音が書いてあることが多いです。リクルートに少し同情します。

4.詳しい発表はまだないが、原因は料金引き上げのためのリニューアルによるもの

株式会社リクルートライフスタイルは、料金引き上げのためのリニューアルを本日の午前0時から8時までで行い、サイトをオープンした途端に障害が発生してしまった模様です。

本日を皮切りに、サイトのデザインリニューアルと新たな広告プランを導入したホットペッパービューティーですが、各お店の表示などの変更もあるため、朝8時頃にアクセスが集中したと言われています。 もともと今回のリニューアルによる料金引き上げは、お店のオーナーからの声は最悪なものでした。

そのリニューアルでネット予約ができなくなってしまい、今リクルートライフスタイルは本当に立場がない状況だと思います。

5.まとめ 

今回、サーバーダウンということで使えなくなったサロンボードですがこれはシステムを使っていくにあたり想定しておかなければならないことであり、いい教訓になったと私は感じています。私自身はリクルートに対しての信頼を変わりません、引き続きサービス向上を期待しています。

しかし、美容店のオーナーのなかにはリクルートに対して怒りをあらわにしている方もいるのも事実です。私はネイルサロンの経営でホットペッパービューティーを使っている側でありながら、アプリクッキングという会社でシステム販売をおこなっている身でもあります。私はどちらの言い分も感情もよく理解できるつもりです。そのことをまとめた記事がこちらです、お時間があれば是非参考にしてください

まだホットペッパービューティーで消耗してるの?〜消耗サイクルから脱出する3ステップ〜

2015.10.16
アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。