ついに個人の公式アプリが登場!海外セレブが公式アプリを持つ理由とは?

今回は「未来」の話です。近い未来、個人の公式アプリがどんどん登場するでしょう。アプリクッキングのアプリの考え方は「公式アプリ」です。私たちは、お店や企業、また個人の公式アプリをそのファンのために作りたいと考えています。特に「個人の公式アプリ」には力を入れていく考えです。

海外セレブの個人アプリがApple Storeでランキング1位に!

アプリクッキングでは、会社の事業計画書を作っている段階から「個人の公式アプリ」を強く意識していきました。

そんな時です。WIREDのある記事を読みました。

Wired_JHodgeman_0

出典 Wired is acquired | Condé Nast

それは、海外セレブのカイリー・ジェンナーが自身の公式アプリをリリースしたというものでした。

しかも、そのアプリがなんとAppleのアプリのダウンロード数1位を獲得していたのです。

shutterstock_163750391thumb

出典 DFree / Shutterstock.com

Kylie-1

出典 カイリー・ジェンナーは「未来型のセレブ」だ。たとえあなたが彼女を嫌ったとしても

その記事の中に、カイリー本人のアプリに対する考え方が書かれていたのですが、これが非常に本質的に個人アプリの魅力を伝えていたのです。

「SnapchatかInstagramか、あるいは自分のアプリか、というように『どれかを選ぶ』ってことはしたくはないの」

「アプリは“もうひとつ”のプラットフォーム。だってわたしは、自分のアプリであればずっと居心地がいいし、自分が共有したいものをただ共有することができるのだもの」

「ファンからの意見や感想は、とても大事なもの。だからわたしはTwitterを使ってるの」

「でも、いじめだとか、そういったものはいっさい、わたしのアプリには持ち込ませないようにしたいと思っていて。それが、わたしがいま、コメントをアプリでは受け付けていない理由。もし皆が汚いことを言いたいのだとしても、わたしはそんなものは見たくないの」

SNSとの違いやアプリだからこそできること。自身のプラットフォームを作ることなど、個人アプリの本質をものすごく理解し活用しているカイリーは、ただのセレブではなく間違いなくビジネスマンですね。

一番の驚きはまだ10代ということ、デジタルネイティブ世代は本当に恐ろしいです。

カイリージェンナーのアプリについての記事はこちら
カイリー・ジェンナーは「未来型のセレブ」だ。たとえあなたが彼女を嫌ったとしても

個人アプリは今後ますます増えていく

これからはどんどん個人の時代になっていきます。個人がしっかりと自身をブランディングし自身のプラットフォームを作っていく。そういう時代がきていると強く感じています。

例えば、クラウドソーシングなどでお仕事をするフリーランスもこの数年でものすごく増えました。フリーランスの個人アプリもいいでしょう。

ブロガーの方が個人アプリを持てば、ブログの更新を「プッシュ通知」でお知らせできます。

個人アプリのニーズは今後どんどん高まっていくことでしょう。しかし、問題が一つありますアプリはホームページと違いApple社とgoogle社があってのものです、なのでデベロッパー登録というものが必要だったり、審査も必要です。この審査が案外厳しい状況にあります。なので、ニーズが高まってもなかなか自身のアプリを実現することができないというのが現状です。

私たちは今日まで個人のアプリがどうすれば審査で認められるのか、どんな人がどんな使い方をすると効果的なのかなどを考え実行し、ノウハウを作ってきました。

個人アプリで何ができるのか

個人アプリは、自身のプラットフォームです。自身のSNSやブログ、会社や趣味などすべてをそこに詰め込むことができます。そして基本的にはファンのみがダウンロードしているので、なにかお知らせしたいことがあれば、「プッシュ通知」でお知らせするとファンにとっては便利なので喜んでくれるでしょう。

わかりやすく具体的な例を出します。

例えばの話でイケダハヤトさんを使わせていただきます。

cQBLCnWs

出典 Twitter @IHyato

筆者であるアプリクッキング代表の山下はイケダハヤトさんのファンです。(山下は以前、イケダハヤトさんの「まだ○○で消耗してるの?」という言葉をお借りしています。それが「まだホットペッパービューティーで消耗してるの?」というタイトルの記事です。おかげさまでこの記事は、非常にアクセスを集めさせていただいております。)

こちらが以前書かせていただいた記事です

まだホットペッパービューティーで消耗してるの?〜消耗サイクルから脱出する3ステップ〜

2015.10.16

しかし、すみません。

ブログをなかなか拝見できていません。読みたいなと思っているのですが、なかなかアクセスできていないのが現状です、申し訳ないです。もし、イケダハヤトさんの公式アプリがあれば、私はダウンロードします。

そこで、更新記事を「プッシュ通知」でお知らせいただければそのまま開封して、ブログを拝見させていただきます。そして、シェアまでします!(noteの有料記事を最近書かれているようですが、それもプッシュ通知してくれたら全て買います。)

といった具合です。そこまでしないと読まない人には読んでもらわなくていいとイケダハヤトさんに言われればそれまでですが、アプリでどんなことができるかということが一つご理解いただけたのではないでしょうか?

イケダハヤトさん、ご無礼をお許しください。

イケダハヤトさんについてほこちらをご覧ください

ネットの有名人から学ぶブランディング術|イケダハヤト編

2015.07.18

次はどんな人に個人アプリは向いているのかという話です。

個人アプリはこんな人に向いている

個人アプリを持つのに向いている人は様々です。

経営者、フリーランス、個人ネイリスト、ブロガー、モデル、タレント、芸能人、スポーツ選手、議員、お料理教室の先生や書道の先生、ヨガ教室の先生など。他にも様々な方に使っていただけるかと思います。

経営者の場合

経営者なら、アプリに自分の会社のコーポレートサイトをリンクします。SNSなどもリンク。あとは、宣伝したいことを入れるのもいいでしょうし、ブログや会社のブログ(オウンドメディア)などを運営されているのなら、新しい記事を「プッシュ通知」で送ると効果的でしょう。名刺にダウンロード用のQRコードを入れてもいいかもしれません。名刺交換時に自分のアプリがあると言われたら興味を持ちませんか?

appcookingqrkode

それでは、実際に一つ個人アプリをご紹介します。

TOMOZO公式アプリ

tomozoapp

TOMOZOとはネイリスト森本知誉のことです。

アプリから、自身のお店やオンラインサロン。ユーチューブ動画、自身のブランドサイトやショップページはもちろん。Twitter、YouTube、Instagram、Facebook、公式ブログなど、すべてが盛り込まれています。森本の月に一度の東京出張ネイルの情報や、最新アイテムの情報などが「プッシュ通知」によりお知らせが届きます。

森本は年間2000人以上のお客様に施術をする超売れっ子ネイリストです。彼女はファンのためにより良い情報をご提供するためにまずは、自身の情報を整理するためにアプリを作りました。

今後はTOMOZOアプリというプラットフォームでファンとコミュニケーションをとっていくということです。

森本知誉についてはこちらをご覧ください

フリーズネイルの人気が凄い!顧客が予約が取れないほど新規客が訪れる、その秘密とは?

2015.10.09

まとめ

どうでしょう?個人のプラットフォームとなる個人の公式アプリ。もちろん、Facebookなどのようにすべての人が持つというようなものではありません。Appleとgoogleが関わるので、コストもどうしてもかかってきます。それでも、使うべく人が使えば非常に効果的なもであることは間違いありません。

自分で持とうと思う方はもちろん、今後は人からあなたのアプリがあると便利なんだけどと言われる方もでてくるでしょう。そうです、私がイケダハヤトさんへオファーしているようにです。

最後に

数年前、私は初めてスマートフォンを持ち、アプリをダウンロードした時に「個人でアプリを持ちたい」と思いました。それが今叶います。なぜそう思ったかはほとんどカイリーの考えと同じです。

誰がダウンロードしているかもわからない、誰が削除したかもわからない。この関係がまず私にとっては非常に魅力的でした。そうすることで、利用したい人だけが存在する自身のプラットフォームが出来上がる。さらに、自身の思いや考えを発信できる。やはり社会は複雑ですのでTwitterやFacebookでは発信に注意が必要になります。

アプリは、自分のプラットフォームです。誰にも迷惑をかけないでブレることなく、自身の思うままに運営できる。私にとっては非常に魅力的です。

私は現に、自身のアプリはもちろん自分の会社のグループ事業すべてで公式アプリを運営しています。おそらくこれは世界でも私だけではないでしょうか?

アプリを運営している会社はたくさんありますが、その社長のアプリもあるというのはまだ聞いたことがありませんし、事業別ですべてのアプリがあるとなるとそうはいないと思っています。

それくらい、私にとって公式アプリというものは魅力的なのです。その魅力の理由はアプリクッキングの理念でもある。『FOR YOUR FANS』ファンのために。そうです公式アプリは最も大事なファンが喜んでくれるのです。私はファンのための公式アプリを創り運営していきます。

公式アプリがなぜファンに喜ばれるか、詳しくはこちらをご覧ください

お店の公式アプリとは顧客とのライトなコミュニケーションを実現するもの

2015.11.24

 

最後に私のアプリをご紹介します。こちらがアイコンです。山下の「山」がモチーフです。右下のDYはイニシャルです。

山下アイコン
アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。