【アパレル・ECサイトの公式アプリ導入事例】確実に情報を届けることでリピート率アップ!

JOYるは、フィッシングライフをよりenjoyするためのアパレルブランドです。

ホームページやSNSを通じて多くのコアなファンを獲得しているJOYるは、情報の発信・整理のために公式アプリを導入しました。

公式アプリを運用することで、ECサイト(ネットショップ)のリピート率が増加しています。

今回は、JOYるがアプリをダウンロードしてもらうために行っている工夫や、アプリを運用する中で感じたアプリの魅力を伺いました。

ECサイトでアプリを活用しようと考えている方には、きっと参考にしていただける内容です。

※インタビュー動画はこちらで公開していますので、合わせてご覧ください。

 

アプリの更新は手間いらず、確実に情報を届けることでリピート率がアップ

JOYるの広報活動の作業面を1人で運営されている荘司さんに、アプリの魅力や運用方法を聞いてきました。

アプリを導入したきっかけは何ですか?

JOYるとアプリクッキングは同じグループ会社なんですが、最初アプリの話を聞いたときにそんなに興味はなかったです。

でもアプリの管理画面を見たときに、すごく簡単に操作できるので「これやったら俺でもすぐ触れるやん!」と思って、ちょっとやってみようというようなきっかけから、アプリを活用していこうとなりました。

もともとは全然興味なかったんですけど、自分のスマホに自分のブランドのアイコンが入ってて、「ピコン」ってなるのが楽しくて更新作業が楽しくなってきてきました。

 

どのようにダウンロードを促していますか?

JOYるはECサイトを運用しているので、Facebook・Instagram・検索流入でサイトに来てくれた人が商品を気に入って購入する。だいたいそこで終わってしまうことが多いと思うんですけど、JOYるは商品にThank youカードを同梱して、ダウンロードを促しています。

あとは商品のタグなんかも「アプリがあるよ」というタグを付けることによって、買ってくれた人にお知らせしています。

買ってくれた人は、少なからずJOYるに興味を抱いて買ってくれているので、アプリの告知をするとほとんどの人がダウンロードしてくれます。

プッシュ通知で、例えば春だったら「春の新作出ます」とアプローチすると、今度はアプリから購入してくれるんです。

検索とかだとどうしても他社さんとかに目移りすることがあるんですけど、アプリ内だとJOYるしかないのでコンバージョン率がアップするという効果もあるので、JOYるではカードなどを使って積極的にダウンロードを促しています。

それが結果的に、リピート購入に繋がっています。

 

アプリの運用は大変ですか?

実際、僕一人でFacebook・Instagram・ショップ・ホームページなど、いろんなものの更新を行っていて、今はプラスαでアプリの更新をしてるんですけど、作業量的にはほとんど変わらないです。

一番最初にどういうアプリにするかというデザインの部分は、アプリクッキングと相談してやるので、そんなにこちら側の負担もなかったです。

こっちとしては、「こういう素材をここに貼り付けてほしい」と言うぐらいだったので、実際したのは素材の用意くらいでした。

あとは最初に操作方法を教えてもらうという程度で、しかもそれがすごく簡単なので、Facebookの更新ができるくらい人であれば誰でも触れるくらいの管理画面だったので、作業的には何も負担がないですね。

 

アプリの利点は何ですか?

SNSなどいろんなことをやっていて情報が散り散りになっているのを、アプリ一つにまとめられるのが一番良いと思います。

例えばメールだったりLINEだったり、いろんな方法でお客様にアプローチしていると思うんですけど、メール通知の場合はその他大勢の中のあなたなので、お客様からしたらあなたから来ていると気づかないこともあってなかなか開いてくれないと思うんです。

アプリだとブランドのアイコンなので、「ピコン」と通知が来たらJOYるが何かを言っている。JOYるからの発信以外では絶対にあり得ないわけです。

JOYるが何かを言っているということがしっかり伝わるので、開封率が良いみたいです。

「こないだのプッシュ通知おもしろかったね」とか言われることもあって、メールで見逃されることが結構あったんですけどアプリに変えてからは、みんなが見てくれてることを実感しています。

 

まとめ

ECサイトを運営するJOYるでは、普段お客様と接する機会がない中でアプリのダウンロードを促せる工夫をしています。

ファンを増やしてリピート率を上げるためには、一度商品を購入してくれた人に対して継続的に情報を届けることが重要です。

snsや特にオウンドメディアを通して情報発信はしていましたがアプリがあることでダイレクトに通知ができます、この効果でコンテンツの閲覧数が向上。

これが、結果的に売上アップにつながっている。

ちなみに、この売上アップの多くがリピート客だという。

 

”JOYる”の公式アプリはこちらからダウンロードできます。