広告を使わずにネットを使って店舗集客する3つの方法

新規集客のための広告費が高すぎて、なかなか利益が出せない。そこで広告依存を断ち切ろうとブログを始めたり、SNSの更新を増やしてみたけど全く効果が出ない。そういう経営者の方は多いのではないでしょうか。

広告を使わずにネットを使って集客することは可能です。ではなぜ多くのお店や経営者がネットでの集客を実現できていないのでしょうか。

その理由は2つあると考えています。まず一つが、ネットの理解が浅いこと。そしてもう一つが圧倒的に地道な作業が足りていないということ。

今回はネットでの集客の方法を3つご紹介します。理解を深めたら、あとは圧倒的な努力、これがネットでの集客の唯一の秘訣です。

1.SNSからの集客

SNSを集客に使う上で重要なことがあります。それはSNSはあくまでもマーケティング戦略全体の一つの歯車でしかないということです。SNSだけで集客が完結するということはほとんどありません。

SNSだけで集客するという考え方をするのではなく、お店のマーケティング(集客の仕組み全体)の一つの歯車としてSNSにどんな役割を与えるかを考えるべきです。企業やお店にはそれぞれにあったマーケティング戦略が必要で、戦略には全体像がありSNSはその歯車の一つとして非常に優秀だということです。

大事なことはSNSに対して目に見える効果を求めすぎないことです。何事にも評価しにくいものがあります、組織でも経理の人や、警備の人などは評価しにくい。逆に営業マンは評価しやすい、しかし営業マンが営業できるのは様々な方のおかげであり、組織が利益を上げていくためには様々な歯車が必要で、それらが噛み合ってはじめて円滑に全体が回るわけです。SNSは多くの場合で目に見える評価はしにくいものです、それをいかにコツコツと更新し歯車として動かしていけるかということが重要なのです。

今回はたくさんあるSNSの中で2つFacebookとInstagramについてご紹介します。

1−1.Facebook

Facebookは全ての業種業界で運用しても損はないものだと考えています。なぜなら、ユーザー数の多さと幅広いの年代のユーザーが利用しているからです。

お店のFacebookページは作成したけど、「いいね!も集められないし、どのように運用していいかわからない!」と思っている方も多いと思いますが、まず「いいね」の数で評価しようと考えるのはやめましょう。

まず考え方を変えることが重要です。

あなたのお店のフェイスブックページに「いいね!」はしないが見ているという人も、見たことがあるという人も、必要な時に便利に使ったという経験をした人もいると思いませんか?それらをすべて把握することはできないし、「いいね!」の数が一概に成果とは言えないのです。

そして、これがネットを理解するということにつながります。

具体的には以下の記事を参考にして下さい。

予算0円でFacebookを巧みに活用している事例40選 ferret

1−2.Instagram(インスタグラム)

特に女性に人気があるインスタグラム。ユーザーはおしゃれなものが好きな人が多く、ほとんどのユーザーが投稿するよりも投稿を見ているという現状があります。運用方法が簡単で写真を撮って加工しアップするだけです。

例えばネイルサロンであればアートの写真を上げたり、美容室であればカットモデルの写真を上げたりするのもいいでしょう。飲食店は自信のある料理の美味しそうな写真を上げたり、お店の雰囲気が伝わるような写真を投稿していくといいかもしれません。

インスタグラムで大事なのは、おしゃれな人達が共感出来るような写真をあげることです。そしてハッシュタグと呼ばれるものを使って写真を見つけてもらうことが大事になります。

いつ、誰がどこで見ているかわかりませんよ!「いいね!」の数におどらされないように、「いいね!」してくれる人というのは本当にごく一部の人です。想像力を使って楽しんで投稿してみましょう。

具体的には以下の記事を参考にして下さい。

Instagram(インスタグラム)のビジネス活用 知っておきたい3つのポイント

2.検索からの集客

ネットからの集客を安定的しかも継続的に行うには、検索でお店のホームページやブログなどが上位に表示されることが必要です。そして、検索で上位に表示されるために行う工夫のことを一般的にSEOと呼ばれています。

検索という行為をする人は何かしらを探していたり、問題を抱えている可能性が非常に高いです。検索したキーワードに対して、上位に表示されたものは見る可能性が高く、そのページに探し物や答えなどがあれば、検索した人は行動を起こすことでしょう。

それではSEOで上位表示されるための方法を少し紹介します。

SEOについてはこちらをご覧ください

2−1.コンテンツの重要性

SEOで1番重要なのは、ページを読んでくれる人にとって価値ある内容のページにすることです。なので何よりもコンテンツ(内容)が重要です。3年前ぐらいであればGoogleのシステムの隙をついた方法でお金儲けしか考えていない低品質なコンテンツでも上位表示されていました。しかし、Googleは掲げた理念を元に進化し続けており、最近ではGoogleの隙をついた方法で上位表示していた企業のページは軒並み順位が下がっています。

大事なのは検索ユーザーが求めている情報を適切に伝えることです。

2−2.内部対策

コンテンツが最重要なのは間違いありませんが、Googleがあなたのページをしっかり読めるように対策することも大事です。ページの検索順位はクロウラーというロボットが巡回して評価して決まっています。クロウラーが巡回しやすいように対策することがとても大事です。(専門家でないと難しい)

2−3.外部対策

外部対策とはより多くの人にページを知ってもらうことです。具体的には広告を出したりSNSにページのリンクなどを貼ることです。

SEOに関してもっと詳しく知りたいという方は以下の記事を読み、参考にして下さい。

SEOとは検索ユーザーに120%の価値と満足を提供すること バズ部

3.既存顧客に対しての集客

最後は忘れがちな、既存客に対してのアプローチです。ここでは既存顧客に対しての再来店などを促す対策についてご紹介します。すでにあなたのお店で価値を感じている方でありファンなわけですから、非常にやりやすく成果にもつながりやすいというわけです。

しかし、多くのお店や経営者が「新規集客」に力をいれすぎてファンへのアプローチをおろそかにしがちです。特にこれからの時代はファンの方が重要です。その理由は口コミのスピードです。

今、個人と個人は想像を絶するスピードで口コミできるのです。考えてみてください、口コミという言葉は、会って話すというイメージですよね、昔はそれしかなかったんです。大事な人に会っている時に、紹介したくなる、つい教えたくなるお店がいかにすごいか、口コミというのは奇跡のようなことだったでしょう。そこで、広告が威力を発揮していました。

今は違います。誰も広告を見ていません。見ているのはSNSです。SNSは口コミの嵐です。口コミというと言葉が違いますが、本質は同じです。しかも一瞬にして多くの人に口コミできる、さらにすごいのが口コミを聞いて、まだ自分は行ったこともないのに、自分も口コミするという。なんとも奇跡のようなことが起こるわけです。これをシェアと言います。

最も口コミしてくれそうな人であるファンがいかに大事か。そういう話です。

3−1.メールマガジン

嫌いな人が多かったり、開封率が低くなっていると言われるメールマガジンですが、未だに強い効果を出している企業も多いです。ネットでの一対一のコミュニケーションを取るツールとして長い間使われてきました。主に来店を促したり商品購入をオファーしたりするのに向いています。ファンの方の中にはメルマガを嫌わない人もいます、コツコツと続けることに無駄はないでしょう。

3−2.LINE@

顧客とより濃密にコミュニケーションが取れるツールです。クーポンの発行などで来店へつなげている企業が多いです。成功事例としては大企業が多いです。しかし、個人で経営しているお店でこそうまく活用出来るのではないでしょうか。

今ではスマホを持つ人誰もがインストールしていると言っても過言ではないLINE。1対1でコミュニケーションが取れるのは、信頼関係を気づくのにとても強力です。

LINE@に関してはこちらを参考にして下さい。

3−3.店舗の公式アプリ

まだまだ、導入しているお店などは多くはありませんが、お店の公式アプリです。予約が取れたりクーポンが使えたり、ファンにとっての機能が充実しています。プッシュ通知でお店の情報を知らせたりすることもでき、今後活用のシーンが増えていくでしょう。

ファンにとって何より嬉しいのは、アプリにはSNSやホームページなどの多々ある情報媒体すべてが集約されていることです。要するにファンにとってアプリは、情報センターの役割をしてくれるとっても便利なものなのです。

公式アプリのことについてはこちらを是非ごらんください。

お店の公式アプリとは顧客とのライトなコミュニケーションを実現するもの

2015.11.24

 

4.まとめ

広告費をかけずに集客するのは簡単ではありません。もっと言うと、広告を使っても集客は簡単ではないのです。ネットを使って集客する方法を3つご紹介しました。「SNSを使う」「検索からのアクセスを集める」「既存客へのアプローチ」多くのお店ではもうすでにやっていることでしょうが、これら3つを駆使して実際に満足いく成果を作ることができているお店となるとおそらく皆無だと思います。その原因は、とりあえずやっているレベルだから、これに尽きると思います。徹底的に力をいれてやれているお店や経営者の方は非常に少ないでしょう、よく聞くのがどうしても目の前のことが忙しくあと回しにしてしまうという声です。しかし、よく考えてみてください、あと回しにしていることは「集客」「マーケティング」という最も重要なことなのです。

経営の神様ピーター・ドラッカーは企業のやることは二つだと言っています。それが「イノベーション」と「マーケティング」です。この大事なマーケティングである、集客をあと回しに考えているのであれば非常に危険なのではないでしょうか。

いかにマーケティングが重要かはこちらの記事をご覧ください

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。