お店のことを一番理解している店長に、アプリ運用の権限を。

多店舗展開をしている場合、アプリ運用戦略は大きく分けて2つあります。一つ目は、一つのアプリで会社の情報を配信する。そしてもう一つは店舗ごとで、その地域性や特徴に合わせてアプリを運用するという戦略です。後者の方が、よりカスタマーファーストな運営ができます。

ECサイトなどを運用してなくても、すぐに始めれるアプリ決済。

物販はもちろんサービス料金の決済をアプリで行えるようにするオプションメニューです。ECサイトなどを運営されていなくても問題ありません。あなたのビジネスに今すぐアプリからのクレジット決済を導入できます。決済の幅が広まることはビジネスにおいて大きな可能性となることでしょう。

アプリのリリースを機にメディアに取り上げてもらいましょう。

アプリはまだまだ新しいものです。企業の公式アプリとなると、さらに新しい。なので業種などによっては社会から注目される要素を持っています。そこで、報道関係者、メディアへのプレスリリースをする事でアピールし、取材に来てもらうなどを戦略的に狙っていきます。

アプリと広告は相性抜群。SNS広告でアプリを広告するなどやり方は様々です。

今、街にはアプリの広告がたくさんあります。その理由はアプリと広告の相性が非常に良いということがあります。WEBサイトの広告では、見てもらうだけで終わりですが、アプリならインストールしてスマホに入れてもらえます。この違いは非常に大きな違いです。

アプリが新しいキャッシュポイントになりまます。

あなたのアプリが収益を生み出します。お店などにはよくフライヤーが置いてあります。あれは、要は広告です。その本質をアプリで行うというものです。アプリ内に他社のフライヤーを置く事で、広告収益をあげることが可能です。