多店舗展開しているお店で効果絶大のマーケティング戦略!オウンドメディア×公式アプリ×拡散力!

今回は30店舗以上あるような店舗展開を行っている会社向けのマーケティング戦略をご紹介します。

キーワードは「オウンドメディア」「公式アプリ」「拡散力」の三つです。まずはマーケティング戦略の全体像となぜ効果的なのか理由を簡単に解説し、その後キーワードを一つ一つ解説します。

間違いなく効果的なマーケティング戦略です。多店舗展開を行っている会社の戦略として、選択肢の1つになれば幸いです。

0 多店舗展開で効果的なマーケティング戦略の全体像と効果的な理由

今回は多店舗展開を行っている美容、飲食、アパレルなどのお店に、有効なマーケティング戦略です。まずは簡単に全体像をご説明します。

「オウンドメディア」「公式アプリ」「拡散力」という三つの要素からなる、この戦略の全体像は中心に自社のメディアであるオウンドメディアがあり、それをアプリを使い従業員や顧客に共有し、SNSなどで拡散するという流れになっています。この戦略が効果的な理由はいくつもあります。

まず従業員や顧客に会社の理念やビジョンを共有できます。そして従業員が会社に対して誇りを持っていれば従業員は自然と会社を広告します。会社の情報を拡散するわけですから、会社のブランディングはもちろん、採用や集客にも効果的だということです。

それでは、まず一つ一つを解説していきます。最後にもう一度全体像とその効果を解説していきます。

1.オウンドメディア

1−1.オウンドメディアとは

以前、アプリクッキングの別の記事でもご紹介しましたがオウンドメディアとは自社のメディアのことです。わかりやすく言うと個人のブログではなく、法人(会社)のブログといった感じです。

アプリクッキングもまさにオウンドメディアを運営しており、今読んでいただいているこの記事もまさにアプリクッキングのオウンドメディアの記事なのです。

詳しくはこちらの記事をお読みください。

知ってて損はないITの話|オウンドメディア編

2016.02.03

1−2.オウンドメディアの特徴

メディアといってもニュースやテレビのようなメディアとは少し違います。会社独自のメディアですので、会社の主張や取り組み、文化や理念、ビジョン、会社のニュースや企画といったことを情報発信するという特徴があります。

合同会社JOYる(ブラックバスフィッシングブランド)のオウンドメディア

joyrumedia

このメディアではバス釣りの記事、JOYるブランドの考え方やニュース、企画などの記事が公開されています。

バス釣り好きの方がこの記事を読み、Facebookなどでシェアされることで、どんどん読む人が増えます。その結果このオウンドメディアを運用しているJOYるのコーポレートサイトにアクセスが集まります。

もちろん、JOYるには公式アプリもあります。新しい記事が公開されたらプッシュ通知でファンにお知らせがいくという流れになっています。

1−3.オウンドメディアの効果

記事をきっかけにオウンドメディアのアクセス数が増えてくると、様々な効果が出てきます。アプリクッキングのオウンドメディアの場合ですと、新規のお客様のお問い合わせは90%以上が、このオウンドメディアから獲得しているものです。

appcookingmedia

お問い合わせまでの経緯は様々あるのですが、一つだけご紹介します。

美容関係のお店の方で「ホットペッパービューティー」に悩まれている方は少なくありません。そこで、アプリクッキングでも何回かホットペッパービューティーの記事を書いています。その一つがこれです。

まだホットペッパービューティーで消耗してるの?〜消耗サイクルから脱出する3ステップ〜

2015.10.16

この記事はインターネットで「ホットペッパービューティー」と検索すると、リクルートの公式情報の次に表示されます。要するにリクルート以外のものとしては、一番上に表示されるのです。

スクリーンショット 2016-02-27 17.32.42

これにより、たまたまホットペッパービューティーと検索してアプリクッキングのことを知る方からのお問い合わせも多くいただいております。これは無料で24時間広告を出しているようなものです。こういう効果もオウンドメディアの一つの効果です。

2.公式アプリ

2−1.公式アプリとは

公式アプリというのはアプリクッキングが主張するアプリの使い方です。

是非こちらの記事も参考にしてください

お店の公式アプリとは顧客とのライトなコミュニケーションを実現するもの

2015.11.24

企業や個人、ブランドやお店などの公式アプリを作り運用するというものです。今回は実際にお店の公式アプリをご紹介します。

炭火焼鳥 ざりお

zario

ざりおのオーナーがファンを思いアプリを導入した理由はこちら

【ファンのために!】炭火焼鳥ざりお長谷川オーナーの思い。

2016.02.04

美容室 MODEK`S

modeks

MODEK`Sがファンのために公式アプリを運用する理由はこちら

【ファンのために!】ホームページよりアプリのほうが便利!アプリはお客様が密かに見れるもの

2015.12.30

公式アプリにはすべての情報が集められています。ホームページはもちろん、予約もここからできます。クーポンもあります。各SNSへのリンクや電話はアイコンをクリックするだけです。ファンは非常に便利に使うことができます。

2−2.公式アプリの特徴

公式サイトと何が違うのか、その特徴は何と言っても「プッシュ通知」です。公式サイトは通知を送ることができませんが、公式アプリは通知が可能です。

通知ならLINE@やFacebookでできると考えられることも多いのですが、アプリはアカウントを作る必要がなく、ものすごく気軽にダウンロードと削除が行えるということです。

これがユーザーやカスタマーにとって非常に使いやすいという特徴を持っています。

push2

プッシュ通知がいかに有効かはこちらの記事をご覧ください

実績多数!プッシュ通知機能をうまく活用して店舗集客UP!

2016.06.07

3.拡散力

3−1.多店舗展開の拡散力とは

多店舗展開をしているということは、従業員がたくさんいてお店ごとの顧客がいるということです。そして関係する業者の方や家族の方などを含めると、非常に多くの人がその会社を知ってくれている状況です。

そして、今の時代は人と人とがSNSなどで繋がっています。個人が拡散力をもっている時代です。その個人がたくさん関わっている会社なら、拡散力を最大限に使うことができれば相当な力になります。

オウンドメディアの記事を5人がFacebookでシェアするよりも、100人がシェアするほうが単純に20倍ではなくもっと何百倍、何千倍の拡散力となるという話です。

share

記事コンテンツはTwitter、Facebookなど様々な媒体でシェアできます。

3−2.拡散の連鎖

多店舗展開をしている会社がオウンドメディアを運営し「記事コンテンツ」でニュースや様々な企画を配信したとすると、従業員がまずSNSでシェアします。そうすると、そのお友達や家族の方がシェアしてくれる可能性があります。さらに、顧客の方に伝わり顧客の方がシェアしてくれたとしましょう。また、そのお友達や家族がシェアしてくれるかも知れません。

ここまできたらとんでもない数の方が記事を読むことになります。そしてそれは、それだけの数の人がオウンドメディアであるコーポレートサイトに訪問することを意味します。

4.マーケティング戦略

4−1.戦略内容と全体像

ここまで「オウンドメディア」「公式アプリ」「拡散力」の3つのキーワードを解説しました、それを踏まえて今回のマーケティング戦略の全体像を解説します。

会社のコーポレートサイトをまずはオウンドメディアとして成長させます。それがどういうことかを今回はよりイメージしていただくために、リクルートホールディングスのコーポレートサイトを使わせていただきながらご説明します。(多店舗展開ではないが、非常に多くの事業を行っている)

これがリクルートのコーポレートサイトです。アクセスするとメディアページとなっています。

スクリーンショット 2016-02-27 10.17.12

様々な記事があるなかに、一つ「だから。私は今日も働く」というシリーズがあります。

スクリーンショット 2016-02-27 10.17.30 スクリーンショット 2016-02-27 10.17.38 スクリーンショット 2016-02-27 10.17.43 スクリーンショット 2016-02-27 10.17.52

出典 リクルートホールディングス

従業員さんの考え方などがわかる記事です。こういう記事は目にはみえない効果をたくさん創り出します。

もう一つネイルサロンのオウンドメディアもご紹介します。会社のコーポレートサイトであり、オウンドメディアになっています。

freesnailmedia

最新の「5周年記念パーティー」の記事をご紹介します。

スクリーンショット 2016-02-27 10.33.47 スクリーンショット 2016-02-27 10.34.07 スクリーンショット 2016-02-27 10.52.17 スクリーンショット 2016-02-27 10.34.50 スクリーンショット 2016-02-27 10.34.39 スクリーンショット 2016-02-27 10.34.17 スクリーンショット 2016-02-27 10.34.00

こういった会社のイベントごとなども、記事にしてメディアにてどんどん発信すると効果的ですね。

次は、この記事コンテンツをしっかりと多くの人に届けることをします。

その時に公式アプリが非常に有効です。店舗の公式アプリを従業員と顧客にしっかりとダウンロードしてもらいます。そうすることで、最新の記事がメディアに公開されたことを「プッシュ通知」でお知らせすることができます。

FREE`Snailももちろん公式アプリを使ってます。

freesnail-app-top

オウンドメディアに最新の記事が投稿されたら、アプリに「プッシュ通知」でお知らせが届きます。

アプリを開けば、その記事をすぐに読むことができます。もちろんSNSのシェアボタンもありますので気に入ってくれた方はシェアしてくれます。なによりまずは従業員が新しい記事が投稿されたことを確実に知るということが重要です。

もし、これが多店舗展開をしている会社で30店舗あるとしたら。新しい記事ができたら、まずすべてのアプリでプッシュ通知でお知らせします。

1アプリにつき平均500ダウンロードあるとすると、この瞬間に15000人の方に最新記事のことをお知らせできます。そしてその後、従業員はもちろん、顧客の方がSNSでシェアしてくれれば、この先は何人の方に記事が読まれるかはまったく予想できません。

これを広告費なしでできるのです。

WEBの世界というのは広まる時は異常な速さで広まります。実際に、アプリクッキングの記事でも、1日で3万人の方が読んでくれた記事もあります。

こちらの記事は投稿初日のアクセス数が3万PVを超えました

利益の出ない美容室には「経営」がない!利益を出している美容室の経営3パターン

2015.11.04

アプリクッキングは正直拡散力がありません。これが多店舗展開をおこなっている会社なら単純に「数」で有利なので、大きな拡散力を武器に使うことができるということです。

4−2.実行の仕方

それでは、実際にどうやってこのマーケティング戦略をおこなっていくかという話です。まずは、コーポレートサイトをメディア仕様に変更します。

その後は、記事コンテンツをどんどん作っていきます。

企画をし、取材をし、記事を書く。これを発信する。発信はまず「広報」として公式アプリのプッシュ通知を使い身内に発信します。(ノウハウが必要ですが、理解すれば難しくありません。)

そして、従業員が中心となりSNSなどで拡散します。業務フロー自体はいたってシンプルです。

4−3.効果

このマーケティング戦略の効果は無限大です。というのもどんなメディアを作るかで効果は様々だからです。本当にいいメディアを作ることができれば「採用」には困らない、「集客」にも困らない。プレスリリースといった「広報」や「広告」にも困りません。

しかも、24時間ずっと効果を発揮するといった夢のような話が待っているのです。

もっと言うと、会社の理念。社長の考えやビジョンの「共有」にも困りません。これにより従業員のベクトルを一つに合わせる助けにもなるでしょうし、士気を上げることもできるでしょう。

このマーケティング戦略は様々な効果を発揮しますが、なによりも大きくなる会社の情報伝達システムとしての働きをしてくれるのです。

まとめ

イメージするのは少し難しかったかと思いますがどうでしたでしょうか?今回は一つのマーケティング戦略をご紹介しました。キーワードは「オウンドメディア」「公式アプリ」「拡散力」です。

そしてこの三つのキーワードにピタリとはまるのが多店舗展開をしている会社です。この戦略が多店舗展開に向いている一番の理由は、情報伝達システムとして機能することです。

企業の取り組みや、社長のビジョン、理念などを従業員に共有することは簡単ではありません。

そこで、オウンドメディアの出番です。オウンドメディアは一見外に向けての発信で効果的に思えますが、実は社内に向けて発信することにも適しているのです。本来、情報共有をしなければいけない最も重要な相手は従業員ではないでしょうか。

社内にむけた「広報」をうまくやれている会社は間違いなく従業員が一つになりやすい。しかし、現在多くの企業が外に向けた「広告」に意識がいきすぎているように感じています。今の時代こそ、広告ではなく広報をしかも従業員に対してしっかりとすることが重要だと私は考えています。

従業員が会社のことを良く理解すること、そうすることで従業員が自分の会社を知り、誇りを持つ。そうすれば従業員は勝手に会社を広告してくれます。従業員一人一人に拡散力のある時代だからこそ、そういう企業文化をつくることが重要ではないでしょうか。

最後に

アプリクッキングも含め、多くのオウンドメディアを運営しているので、もしこのマーケティング戦略にご興味いただけたら是非ともお問い合わせください。理解すればするほどオウンドメディアの威力はわかります。そしてそれが多店舗展開にぴったりだということもです。

 

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。