【住宅会社の公式アプリ導入事例】お客様との繋がりを強めるためにアプリを使う

今回は、静岡県にある住宅会社「扇建築工房」の鈴木社長にお話を伺いました。

扇建築工房様では、案内をすればほとんどの人がアプリをダウンロードしてくださるそうです。

普段、お客様への情報発信ツールとしてアプリを活用してくださっており、今後は「実際に家を建てていただいたオーナー様への情報発信」を強化していきたいとも考えておられます。

住宅会社でアプリの活用を考えている方には特に参考になる内容となっています。

※インタビュー動画は下記よりご覧いただけますので、あわせてご覧下さい。

お客様と繋がることが大切!扇建築工房が考えるアプリ活用方法

扇建築工房様が普段アプリをどのように使っていて、今後どのように使おうと考えているのか、鈴木社長にお話を伺いました。

アプリでどんな情報を発信していますか?

今まででしたら見学会のお誘いなどはハガキを使ってダイレクトメールという形で送っていたんですけど、それをアプリでお誘いしたりしています。

うちの場合はメルマガなどはやっていないので、うちで取り組んでる作業風景だとか、お客様に直接届けたい動画をアップしてお届けしたりしています。

 

アプリのダウンロードはスムーズにしていただけますか?

そうですね。

スマートフォンさえ手元に持ってる方であれば、だいたいの方がその場ですぐにダウンロードしてくれます。

うちの見込み客と言いますか、名簿として管理していて通常ハガキなんかをお送りする方は、おそらくほとんどの方がダウンロードしてくれてると思います。

 

今後どのようにアプリを活用していきますか?

やっぱり一番メインに考えたいのは、集客の制度を高めるために工夫をしながら使っていきたいというのがあります。

あとは我々の一番大きな財産と言いますか、大切にしているのは実際に家を建てて住んでいただいてるオーナーさんですから、そのオーナーさんと我々を繋げるものとしてアプリが使えるといいなと思っています。

 

まとめ

アプリが情報ツールとしてお役に立てているということで、アプリクッキングとしては本当に嬉しいです。

住宅会社さんの場合、家を建てられたお客様と、ご検討中のお客様がいます。

一つのアプリをこの両者にダウンロードしていただくことは、一つの誠実な在り方を表現していると感じました。

家を建てたオーナー様に向けて配信されるメンテナンス情報や気遣いの配信を、検討中の方がリアルに受け取ることで、自分がもし家を建てたらどんな関わり方なのかを体験することができる。これは検討中のお客様にとって何よりの検討材料になるように思います。

モデルハウスや商談時はどうしても、良いことを言ってるのではないかとお客様が思うのは、業種関係なく商談の心理としてあると思います。

検討中のお客様が知りたいのは「真実」です。

これをアプリをダウンロードすることで知れるわけですから、住宅会社様にとってもご検討中のお客様に対してなによりのアピールになります。

また、ご検討中のお客様もこのようなリアルなアピールを求めているのではないでしょうか。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です