【個人の公式アプリ事例】アプリの効果を実感します!株式会社RIBIAS大西昌宏社長

今回は、株式会社RIBIASの大西社長にお話を伺いました。

大西社長には、自身が行うセミナー情報の告知・社員への情報発信のために「個人アプリ」をご活用いただいています。

アプリの使い方や、導入後の効果について聞いてきました。

大西社長が感じる個人アプリの良さとは?

実際に大西社長がアプリを活用して感じたアプリの良さについてお聞きしました。

アプリを導入した決め手を教えて下さい。

アプリとか、SNSというものには正直まったく関心がなかったです。

昭和の人間ですし、もう年齢も51歳ですからね。

最初は興味なかったんですけど、アプリクッキングさんにいろいろお話を聞かせていただいて、メリットを聞かせていただく中で興味を持ち始めました。

そして、何よりも費用の安さに驚きました。

「こんなんでできるんや!」と思って、導入するハードルが一気に下がりました。

また、リビアスは全国に店舗展開しているので、日頃会えないリビアスのパートナーがたくさんいて、このアプリを導入することによって、少しでもリビアスのパートナーに発信することができればと考えました。

アプリで発信することで価値観を共有できたり、心を一つに揃えることができるんじゃないかな?と、その可能性をすごく感じたんですよ。

だから導入させてもらいました。

 

アプリ導入後、何か変化はありましたか?

社内の人間も含めて、日頃なかなか会えない方がダウンロードしてくれて、「社長の発信を見てます!」とよく言われます。

社外の人に対しても、リビアスの場合はいろんな商業施設に入っているので、担当者がいらっしゃいます。

先日、大丸百貨店の方が「いつも大西社長のブログとかアプリを見てるんです」と言ってくださって、それが出店に繋がったりするんです。

そういう意味でも、僕が思ってる以上に社員も外部の人も見てくださっているというのは感じます。

あとは、まだ入社していない新卒の子たちが、内定段階からアプリをダウンロードしてくれて、

「自分が就職する先はこんな会社で、こんな社長がこういうブログとかを発信してんねんな」ということで、より身近に感じてくれたりするので、そういうのがすごいと思いますね。

 

自身が行うセミナー動員にアプリを活用されますか?

おかげさまでセミナーを開催する機会がどんどん増えているので、それをアプリのプッシュ通知で配信しています。

プッシュ通知することによって、参加者の数が増えてるのを実感しますね。

 

アプリはどこが強みだと思いますか?

SNSとかもすごい必要だと思います。

ただSNSっていうのはやっぱり「見に来てもらう」という感じじゃないですか。

でも、アプリっていうのはこっちから発信できますよね。

アプリをダウンロードしてくださってる方っていうのは、少なからず僕とかリビアスって会社に興味を抱いてくれてる方なので、やっぱり効果が全然違います。

 

アプリ導入後、気付きや発見はありましたか?

自分の携帯の待受に僕が写ってる。これを社員がしてくれてること自体が、すごい嬉しいですよね。

なんか愛社精神の表れみたいな感じですよね。嫌だったら絶対ダウンロードしないと思うんです。

あと、愛社精神が高いって、普通は表せないですよね。

でもアプリのダウンロード数が増えていけば、それだけ愛社精神に溢れてる人が増えてるということですから、バロメーターになります(笑)

先月400件だったのが、今月405件になれば、「5人愛社精神に溢れた人が増えた」と思えて単純に嬉しいです(笑)

 

まとめ

株式会社リビアスの大西社長の公式アプリは、社長アプリの成功事例として、おそらく日本初でしょう。

もしかすると、世界初かもしれません。数百人の社員さんがいる会社の社長さんのこのような思い切った取り組みに、アプリクッキングでは大変感謝しています。

新しい時代を感じさせていただいております。

社員や家族の方、お客様から関係者まで、誰でもがダウンロードすることができる大西社長のアプリ、これは大西社長の誠実な人物像をイメージさせるのに十分なインパクトだと思います。

なかなかできることではないと思います。

私たちアプリクッキングの社員も、アプリから届く情報やブログ更新をいつも楽しみにしていますし、社長の考え方や取り組みから多くを学ばせていただいております。

 

大西社長の公式アプリのダウンロードはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。