大西昌宏社長の公式スマホアプリをリリース!全国で働く従業員へ迅速に情報を共有する!

理美容サロンを全国235店舗運営する、株式会社リビアスの代表である大西 昌宏様の公式アプリ「大西 昌宏の公式アプリ」を2016年7月1日(金)にiOS版とAndroid版でリリースいたしました。

アプリクッキングでも社長様の公式アプリリリースは弊社の代表を除くと初の試みです。

社長個人が公式アプリを持ち情報配信をすることは、理美容業界でも初の試みということで、7月1日のリリースと同時に複数のメディアにニュースとして掲載されいます。

この記事には、今回大西社長がアプリをリリースされた理由と今後の期待を書いています。

従業員への理念の共有が課題

oonishiJPG-e1466152619819

大西社長は、これまで社長自身が店舗に足を運び、従業員に対して直接伝えることで理念の共有や方針などの周知を図ってきました。

しかし、現在店舗数がFCを含めると230を超え、中国への海外出店や扱うブランドの増加など環境が変化する中で、今後は理念の共有や方針などの迅速で的確な周知が課題と言われていました。

そこで、今回大西社長個人の公式アプリを立ち上げることで、社長自身の思いやビジョン、理念などを従業員はもちろん、顧客や取引先関係者にもアプリを利用して迅速で的確に周知できる態勢を整えられました。

もちろん引き続き社長自ら店舗に足を運び従業員の方とのコミュニケーションも継続されます

今後、大西昌弘公式スマホアプリではアプリ限定コラムの配信やオフィシャルブログサイトの新着情報を配信することを予定されています。

採用という課題にも効果を期待

13501701_960576017388489_446994221809606924_n

大西社長は公式スマホアプリで「採用」への効果も期待されています。

新卒生がアプリをダウンロードすることで、大西社長のさまざまなメッセージに触れ、その人柄や価値観などにはじまり、リビアスのビジョンや理念を理解し共感できる機会にもなります。

採用の難しい時代だからこそ、しっかりと社長自らが会社のビジョンや理念、社風などを発信することで「リビアスで働きたい!」そんなふうに思ってもらえる人を集める考えです。

掲載されたメディア

大西社長の公式アプリは、7月1日のリリースと同時に複数のメディアにニュースとして掲載されました。

掲載メディアの一例

zakzak
Starthome
YOMIURI ONLINE
BIGLOBEニュース
Mapion ニュース

業界初はもちろん、日本でもまだまだ社長様個人のアプリで情報を発信するということをやられている方はほとんどいませんので注目されています。

アプリのダウンロードはこちらから

アプリは以下よりダウンロードしていただけます。ぜひダウンロードしてみてください!

iPhoneの方はこちらから
Download_on_the_App_Store_JP_135x40 (2)

Androidの方はこちらから
google-play-badge-1 (2)

まとめ

今回、大西社長には新しい試みにチャレンジしていただきアプリクッキングとしても非常に嬉しく思っております。アプリクッキングでは、今後もどんどん社長様の情報発信に「公式アプリ」を使うという選択肢を持ってもらえるようノウハウを公開していく考えです。また社長アプリ限定サービスなども考えており、アプリクッキングの理念である「ファンのために!」を実現できる個人の公式アプリは、アプリクッキングとして今後ますます力を入れていきたいと思っています。

株式会社リビアスの情報はこちらから

事業所

■大阪本社:
〒532-0011 大阪市淀川区西中島1丁目11番34号 新大阪サンアールビル7号館2階
TEL.06-6301-1138 FAX.06-6301-9696

■東京オフィス:
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町1-7イトーピア大伝馬町ビル3階
TEL.03-5652-6020 FAX.03-5652-6021

URL ホームページ :http://www.ribias.net/
大西社長オフィシャルサイト:http://onishimasahiro.jp/
アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

ABOUTこの記事をかいた人

アプリクッキングサポートセンター長。 「アプリを導入したから終わり」ではなく「導入したからこそ長くお付き合いしたい」という想いで運営しています。サポートって何をしてもらえるの?って思われている方も多いと思います。ここでは、サポート内容を目に見える形で配信していきます。