2つ目のイベント限定アプリ!「第142回同志社EVE」の 公式アプリ

創立記念を祝うイベント「同志社E V E」

以前、新入生のオリエンテーションのアプリを活用していただいた同志社大学。今回はオリエンテーションアプリに引き続き、第142回同志社EVE実行委員の学生さんから、「同志社EVE」のアプリを作りたいとご依頼をいただきました。

同志社EVEとは、同志社大学の大学生が「学生主体」と理念のもと作りあげているイベントです。11月29日の同志社大学創立記念日をお祝いするためのイベントで、11月1日からを「EVE期間」と呼び、同志社大学全体が盛り上がり始めます。そして記念日の直前である26日~28日の3日間を「EVE出店期間」とし、学生によるステージでの演奏や発表が行なわれ、今出川キャンパス全体に約200もの出店が立ち並びます。

今回、同志社大学が一年で最も盛り上がるイベントのアプリを作らせていただき、実際にイベントにもお邪魔させていただきました。また、アプリの企画、制作を一緒に行なった広報局長の生田さんに同志社EVEやアプリについてお話を聞かせていただきました。

2つ目のイベント限定アプリ

同志社大学では、今年4月に新入生オリエンテーションのアプリを作っていました。

その時から「アプリはスマートフォンにダウンロードできて、いつでもどこでも手軽に情報が見られていいな」と思っていたんです。

そこで、同志社EVEでもアプリを作りたい!と思い、オリエンテーションの担当だった学生にアプリクッキングを紹介してもらいました。

イベントは大盛況!

イベントの2 日目にお邪魔してきましたが、構内はとても賑わっていました!アプリを見ながら出店を回って焼きそばやフライドポテトを食べたり、バンド演奏のステージを観覧したり、楽しそうな大学生を見て学生生活を想い出したりと、満喫させていただきました。大きな看板にアプリのご案内をされているのを見つけた時は、とても嬉しかったです!

出店のマップをC H E C K!

アプリから出店のマップを見ることができます。同志社EVEでは、200 を超えるサークルや部活がさまざまなお店を出店しています。教室から外まで広い範囲に出店が立ち並んでいるので、マップをすぐに確認できるのはとても便利ですね!

ステージのタイムテーブルをC H E C K!

校内にある3 か所のステージで3 日間さまざまな催しが開催されます。

ステージの時間に合わせて他を回ることも多いでしょうから、アプリからワンタッチでタイムテーブルをチェックできるのは嬉しいですね!

プッシュ通知でイベント情報をG E T!

企画案内として、プッシュ通知でイベント情報を発信されることも。校内を回って楽しんでいたらお目当てのステージの時間を忘れていた!なんていうこともなくなりそうです。安心していろいろな催しを楽しめそうですね!

その他にもイベントをもっと楽しめる情報が盛りだくさん!

その他にも、アプリから各SNSをチェックできたり、同志社EVEのイメージ動画を閲覧できたりとイベントを楽しむ上で欠かせない情報が盛りだくさんです。

また、同志社大学の近くのお店のクーポンが掲載されているので、同志社EVEアプリを持っていればお得にお店を利用できるようになっています。

第142 回同志社大学全学EVE 実行委員会

同志社EVE とは、正式名称を「同志社大学創立記念行事週間」といい、同志社大学の創立記念日である11 月29 日を祝し、11 月1 日から記念日前日の11 月28 日まで行なわれる同志社大学生の催しの総称です。

EVE 出店期間(11 月26 日~28 日)は構内に関西屈指の規模を誇る多くの出店やステージが立ち並び、同志社大学全体が活気づきます。第142 回は「紫光熱戦」をテーマとし、総勢45 名の実行委員会が同志社EVE を企画・運営しました。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから