とにかくチャレンジしてみよう!それ以上に深い理由はありません|税理士法人「ファミリア 大阪事務所」の公式アプリ

「常に新しいことにチャレンジする」アプリの導入も即決の会計事務所

今回取材させていただいたのは、税理士法人ファミリア大阪事務所の所長をされている永井成武さん。東大阪に事務所を構え、確定申告の代行や税務・会計などに関する業務、銀行折衝代行、経営コンサルティング業務など、税務に関する業務全般を受けられています。

「何時でも何処でもというフットワークのよさ」をモットーに、お客さまのご要望に即ちに応えられるよう全力投球することを経営理念におかれており、永井さんやスタッフのかたの仕事ぶりからもその心が伝わってきます。

また、「常に新しいことにチャレンジする」というスタイルをお持ちのファミリアさんは、公式アプリの導入も即決してくださいました。今回はそんな税理士法人ファミリアの永井さんに、公式アプリを導入したきっかけやアプリを導入したことでどのうような効果が出ているかについて聞かせていただきました。

とにかくチャレンジしてみよう!それ以上に深い理由はありません

友人の山口税理士にご紹介もらったのが公式アプリを導入したきっかけです。山口さんと食事に行った時に「俺こんなんやってる」と山口さんの公式アプリを見せていただきました。それを見てすぐに「私もアプリを作りたい!」と思いましたね。これを使ったら何か面白いことができるんじゃないかとワクワクしました!友人がいいものを持っていたら欲しくなってしまうじゃないですか。とりあえず何でもやりたい!と思うタイプなので、何でもチャレンジするんです。特に深い理由はございません。(笑)

新しいことをやっている人や会社とお仕事をしたい

アプリってツールとしてはメジャーなものですけど、それをアプリクッキングさんのように具体的に戦略を立ててくださる会社ってなかなかないと思います。新しいツールを作る時って「この順序で作りましょう」とか「これを作ってどういう効果を出しましょう」と組み立てると思うんですが、組み立てる時に「人となり」を掘り下げてくださってから提案してくださったので、非常にイメージが湧きましたね。

それに、アプリクッキングの社員の皆さんは若いかたばかりじゃないですか。「若くて新しいことをやっている人とお仕事をしたい!」と思ったのもアプリを導入した理由のひとつですね。私たちの仕事は基本的に数字を組み立てていく仕事であって、基本的にはあまりクリエイティブなことをする仕事ではないので、クリエイティブな人と関わっていきたいと思っているんです。新しいことをやっている人や会社が大好きなんですよ。

アプリのダウンロードは強制的です!(笑)

アプリへの反応はありますよ。特に銀行のかたから反応があるんです。銀行のお客さんにうちのアプリのご案内カードを配ってくださっていて、それをきっかけにご紹介をもらったり。新しい動きをしていると紹介してくださるんですよね。私は若いかたとお仕事することが本当に好きなんですが、銀行と長くお付き合いをしていると、変に気を遣われてなかなか若いかたを紹介してもらえないんですよ。(笑)

若いかたは何もないけど全てがある状態。そんなかたとお付き合いしたいと思っているんですけどね。

なので、こういった新しい取り組みをして関係の近い金融機関や公的機関のかたに「ファミリアさん面白いことしてるな」と感じていただくために、アプリは強制的にダウンロードしていただきますし、常に新しいことはやっていきたいと思っています。そういった意味では、「アプリをはじめました」というのはいい効果を生んでるんじゃないかという気がしています。

取材協力:税理士法人ファミリア 大阪事務所

税理士法人ファミリア大阪事務所は、大阪・東大阪市に事務所を構える会計事務所です。主な業務は、確定申告代行や税務・会計などに関する業務、銀行折衝代行、経営コンサルティング業務など。会計・税務・法務等は専門用語も多く、多少の難解さを感じさせるかもしれませんが、経営には欠くことのできない重要な業務です。お客さまにとってそれらの情報が身近に感じられるように、わかりやすい説明をすることをお約束します。

※この記事はアプリクッキングが発行している制作事例集「ほやほや」2018年3月号に掲載の内容を転記しています。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です