どの業種も「いかにファンを作るか、顧客を抱え込むか」が大事|歯医者「いちき歯科」の公式アプリ

名前

いちき歯科の「ここがすごい!」

坂口:いちき歯科さんの特徴を教えてください。

市来院長:はい、まず技術力ですね。

これまで技術を突き詰めてきまして、今では歯医者さん、歯科衛生士さんの治療もしています。木曜日は休みの医院が多いので、 お休みの日にいらしてくださいます。 あと、うちはドクターが多いというのも特徴です。

ドクターは僕をいれて5名います。チェアが 10台あります、10台以上チェアがある歯医者さんは全国でも2%以下だと思います。歯医者さんのほとんどが一人の院長先生なんです。 もともと僕もそういうつもりだったんですが、スケールしていくには 一人ではとても大変。かといって一人だけドクターを雇うのもリスクがあります。

歯科医の80%は開業すると言われていますので、もしこのドクターが辞めてしまったら次のドクターを見つけるのがすごく大変です。なのでスケールしていくためにもドクターの数を増やしてやっています。あと、僕以外のドクターがいることによって、医院を閉めなくていいというのはメリットですね。

あともう一つ特徴がありまして、カウンセリ ング、コンサルティングの専門職が4名ほどいます。 10年くらい前にカウンセリング、コンサルティングとか、医院によっていは言い方が違うんですけど、患者さんの話を聞く専門の職種がでてきました。

医科のほうでは医療クラークというお医者さんの秘書みたいなかたもいらっしゃいますが、それよりもホテルのコンシェルジュに近いようなそういう職種です。これからはこういうのが必要だなと思っています。まとめると、技術が高い、コンサルティングしていること、規模が大きいこと、その辺りが特徴ですね。

アプリを導入したきっかけを教えてください。

今までマーケティングの一環で色んなことを試してきました。例えば、YouTubeで動画を配信したり、去年の前半からFacebook広告などもしています。今回アプリクッキングさんをYouTubeの動画を手伝っている方から紹介してもらいました。

今のご時世どこの業種にしても、いかにファンを作るか、顧客を抱え込むか、そこが大事だと考えています。そこを考えると、アプリは新規顧客というよりかは既存顧客のサービスをあげれるものなので、患者さんへのサービスの一環として試してみようと思いました。しかも、他のマーケティングの手法に比べて、アプリクッキングのサービスは費用がそれほど高額なわけではなかったので、1回やってみようか、というのがきっかけでした。

今後の活用方法を教えてください。

まずは、医院でこういうのを始めました、と患者様にご案内していきたいですね。

マーケティングを考えたときに、郊外の医院は家族ぐるみで歯医者さんへいらっしゃいます。なので、歯科医院と患者さんの繋がりが強いんですよね。それに比べて、うちはオフィス街なので、そういう意味での医院と患者さんの関わりが薄いんです。今、他の歯医者さんでは色んなことをしていて、医院でイベントをやっていたり、年に1回お祭りみたいなのをやっている医院とかあります。家族で参加しやすいイベントですよね。こういう参加型でコミュニティを作っていきたいんですが、この辺りはまだ住んでる人が少ないですしその中でどういう風に顧客の抱え込みをしていくかを考えています。

その取り組みとして、医院新聞を配ったりしているんですけど、今はWEB・スマホの時代なので、プッシュ通知を活用して、医院の情報を配信していきたいです。こちらから押し付けではなく、お客様から来たいと思ってもらえるようなアプローチをする手段として、アプリはとても気軽でいいと思います。

過去に1回メルマガをやったことがあるんですが、メールでやるのは中々仰々しいところがあって。

アプリは発信するんですけど、そこまで押し付けが強くないので、うちの業態やうちの医院には合うのかなと思います。

今後アプリに期待していることを教えてください。

先日カルテの整理をしていたんですが、ものすごい量のカルテが溜まっていました。ということはそれだけ中断している人が多いということなんですよね。僕らの業態って医院というよりかは美容室の業態に近いんですよ。

お医者さんは何かあったらいきますし、何もなかったらいかない。常に初診、初診、初診です。ところが歯医者さんは定期的に行くわけですよね。これは髪をきりにいくのと一緒なのでリピーターモデルですよね。そいうモデルなので、アプリをうまく活用して、顧客を抱え込んでいきたいと思っています。

取材協力|医療法人 輝笑会 いちき歯科

いちき歯科は大阪市北区にある歯科医院。技術力の高さが特徴の歯科医院で、歯医者さんや歯科衛生士さんの治療も行うほど技術を突き詰めています。

また専任のカウンセラーや女性ドクターが在籍しているので、お子様からご高齢のかたまで多くの世代が通いやすい医院です。技術力の向上・居心地の良い雰囲気にこだわり、常に最良の治療ができるように努めています。

※この記事はアプリクッキングが発行している制作事例集「ほやほや」2018年4/5月号に掲載の内容を転記しています。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です