20着の限定パーカーが、プッシュ通知後わずか30分で完売!|釣りブランド「JOYる」の公式アプリ

”楽しく釣りが出来る!”そんな当たり前のコトを後世に残したい

合同会社JOYるは、関西を中心に魚釣り業界、その中でもブラックバス釣りに特化した啓蒙活動を行なうブランドです。”楽しく釣りが出来る!”そんな当たり前のコトを後世にしっかりと残したいという強い想いを抱き、2014年から「釣り場のゴミ問題」にフォーカスした発信をSNSやオウンドメディアで開始されました。

釣り場のゴミは以前から問題視されていましたが、当時は誰もしていなかったゴミについての発信だったこともあり、多くの釣り人の共感を集め、その頃から釣った魚の写真だけではなく清掃活動の写真をSNSに投稿する人が増え始めました。

釣り人によるゴミ拾いの輪が広がりを見せ始めると同時に、「JOYるのユニフォームが欲しい」「Tシャツを販売してほしい」という問い合わせが殺到し、アパレル商品やグッズの販売を開始。

毎回買ってくれる根強いファンをはじめ、多くの購入者が丁寧なメッセージ付きで使命を持って購入してくれるところがJOYるのファンの特徴です。そんな大切なファンにしっかりと情報を届けたいと思い「公式アプリ」を導入しようと思われたそうです。

アプリで新商品の販売をお知らせ!

バス釣りの記事や動画を公開した時や、オリジナルのアパレル商品の新商品を販売する時に「新商品が出ましたよ!」というプッシュ通知を送ってお知らせをすることが多いですね。

20着の限定パーカーが、プッシュ通知後わずか30分で完売!

今回、リクエストの声が多かった1年前に販売したパーカーを、復刻版として数量限定で再販しました。それをプッシュ通知でお知らせしたところ、なんとわずか30分で20着全てが完売しました。

実は前日、プッシュ通知が上手く作動しておらず通知がいかなかったんです。アップデートしたばかりだったのでバグのようでした。翌日にもう一度プッシュ通知を送ってみたところ、そこから30分で完売したんです。その時プッシュ通知の威力を実感しましたね。

さすがに通知がないとこまめにアプリを開いてもらえないけど、プッシュ通知を送るとみんなアプリを開いてくれるんだなということが分かるいい機会でした。

その後完売したことをInstagramのストーリーで報告したら、5~6人からダイレクトメッセージで「買いそびれました」とか「想像以上に早く売り切れましたね…」とか「アプリがあることを知らなかったので、今度はダウンロードしてすぐ買います!」という声が届きました。

アプリが常に最新の情報を流すツールということをお客さんに認知してもらえば、アプリも積極的にダウンロードしてもらえるんだなと思いましたね。

コアなファンや根強いファンにはアプリが最適

リピーターの反応はものすごく良いです。プッシュ通知した2分後にポンポンポンって3つ売れたんですけど、全員いつも買ってくれているかたでした。リピーターさんは本当によくチェックしてくれています。こういう反応が目に見えるのも嬉しいですね。

JOYるのマインドに共感してくれている、コアなファンのかたや根強いファンが多いので、アプリとの相性はとても良い気がしています。

アプリは最高のプラットフォーム

Instagramは「JOYるが投稿しました」という通知はしてくれないですよね。

InstagramやFacebookはとにかく情報が埋もれてしまうので、通知ができるという意味ではアプリは最高のプラットフォームですね。

アプリってめっちゃ楽しい!!

来年はオウンドメディアに力を入れていこうと思っているので、アプリからも通知をしていこうと思います。後は、アプリならではの【ガチャ】を釣具屋さんとコラボしてやりたいと思っています。

釣具屋さんって在庫をいっぱい抱えているので、ガチャでそういった商品の販売ができたらおもしろいなと考えています。こういうことを考えていると、アプリって可能性があってめっちゃ楽しいなって思いますね!

取材協力:合同会社 JOY る

JOY るとは「釣りをEnjoy する」の『joy』と『る』を掛け合わせた造語です。「楽しく釣りが出来る!」そんな当たり前の環境を後世に残すため、釣り場のリアルなゴミ問題を発信し釣り人の意識改革を行ないながら、本質である「釣りを楽しむ」ことを忘れず、「ゴミの投稿なのに楽しげでおしゃれ」を心がけています。

私たちJOY るの発信やアイデンティティが詰まった製品を通じて、多くの釣り人の意識改革につながるよう活動を続けています。

※この記事はアプリクッキングが発行している制作事例集「ほやほや」2018年1月号に掲載の内容を転記しています。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから