個人のアプリは最高のブランディングツール|ネイリストTOMOZOの個人アプリ

「個人ブランディングがサロンの成長に直結する」

ネイリスト個人のアプリという、おそらく世界初の試みとなったTOMOZO公式アプリ。

しかしこの企画には、実はこんな裏話があるんです。

 

TOMOZOさんが本格的に個人アプリを活用し始めたのは、導入からなんと10ヶ月ほど経ってからのことでした。

そう、できたてほやほやではなく、冷めてしまっていたアプリをもっと動かそう!と思った瞬間があったそうなんです。

はじめは自身が代表を務めるネイルサロンのアプリから始まり、そこから個人のアプリも面白いかもという経緯で個人アプリをリリースしました。

しかし、アプリで何をすればいいのか全然わからないと、しばらく個人アプリを放置状態に・・・。

そんなある日、ネイルサロンのアプリで自身がプッシュ通知を配信したときに、お客様からすぐに予約のお電話があったそうです。

その瞬間「アプリはすごいぞ!」と感じたとのこと。

そして、その時に初めて「ピン!」ときました。

「個人アプリを活用し「TOMOZO」のブランディングをすることが、ネイルサロンのブランディングにもなる。お店のアプリと個人アプリ、どっちも動かさないと意味がないと思った。」

ブランディングを強化していくためにアプリは最高のツール、今ではそう考えるTOMOZOさん。

スイッチが入ったその時に、アプリのデザインも自身で一気に変えました。

個人アプリは最高のブランディングツール

おそらくネイリストで個人アプリを持っている人はまだいないでしょう。

世界にもいないと思います。

業界初のネイリストの個人アプリです。

「アプリを持っているだけで「こんなこともやっているの?」ってなるし、「普通のネイリストじゃない」と思ってもらえて、それだけでも興味を持ってもらうことができる!」

このことに気が付きませんでした。

たしかに、初めて会った人が個人アプリを持っていたら「ただ者じゃない」と感じますよね(笑)

TOMOZOさんの場合は名刺だけでなくアプリのダウンロードカードも一緒に渡します。名刺で伝えることができる情報は限られます。しかし、ダウンロードカードを渡してアプリをダウンロードしてもらえば、そこにさまざまな情報が詰まっています。

アプリを通して自身の活動や思いなどを深く知ってもらえるので「はじめまして」のときに与えるインパクトは強烈です。

“名刺よりアプリのダウンロードカードを渡したい”。

TOMOZOさんのこの言葉を聞いたとき、アプリが個人ブランディングの向上にお役に立てていることを感じ、とても嬉しく思いました。

アプリのお気に入りポイント

発信の武器になる

「新しいことをした時、お客様に直接報告できる場所が欲しかった」この言葉通り、TOMOZOさんは本当にいろんな新しい活動に取り組んでいるエネルギッシュな人です。

サロン運営の他に、東京出張ネイルを行ったり、FUNSIDËというネイルブランドのデザイナーとしてイベントに出たりといろんな活動をしているからこそ、最新情報を一つにまとめられるアプリに必要性を感じていただいています。

ここまでならSNSやブログなどでもできます。

ただし、アプリはプッシュ通知機能を使って情報を発信できる。これが決定的に違う点です。アプリはダイレクトでパワフルな情報発信ツールなのです。

自分でアプリのデザイン変更ができる

アプリのデザインを自分で自由にカスタマイズできるところがTOMOZOさんのお気に入りポイントでもあります。

「デザインが固定だったらすぐに古く感じてしまうけど、デザインを定期的に更新することでアプリが進化している感じを味わえる。アプリのデザイン変更を通して、TOMOZOの今を伝えられることに価値を感じています。」

PhotoshopやIllustratorで画像編集をしながらアプリをカスタマイズしていくように、常に新しいことに挑戦し、ものすごいスピードで進化し続けるTOMOZOさん。

そんなTOMOZOさんにとっては、たしかに自由にデザイン変更ができる点が最も魅力的だったのかもしれません。

私たちは10ヶ月もの間、他の機能を伝えることに一生懸命になりすぎていたのかもしれないと学ばせていただきました。

どんなプッシュ通知を送っていますか?

TOMOZOさんからは日々バラエティに富んだプッシュ通知が届きます。 セミナー・イベントの案内、サロン出勤日や東京出張ネイルのスケジュール、YouTubeチャンネル開設などの新しい試みのお知らせなど、さまざまな情報を発信しています。

中でも特におもしろいと感じたプッシュ通知をご紹介します。

tomozoの『今これ!』配信

TOMOZOさんが行うプッシュ通知の中に、「tomozoの『今これ!』配信」があります。

ネイルのことだけではなく、自身がおすすめするカフェや注目しているトレンド情報などを自由に発信しています。新しい情報のキャッチ力に長けたTOMOZOさん。

ファンはもちろん、いろんな人に喜んでもらえる発信です。

このようなパーソナルな発信からは親しみを感じられるので、自然と個人ブランディングにも繋がっていると思いました。

「Instagram LIVE」のお知らせ

最近ではネイルアートのやり方をInstagram LIVEで発信されています。

このLIVE情報をプッシュ通知でお知らせしているのです。

Instagram LIVEは、基本的に後から見返すことができないリアルタイムコンテンツ。だからこそ、そのときに確実に情報を届ける必要があります。

仮に「1時間後にLIVEします!」とSNSで発信しても、多くの人に情報を届けるのは難しい。

しかし、アプリなら多くの人に気付いてもらえます。

もちろんプッシュ通知を送ったからといって確実に見ていただけるわけではありません。しかし、お客様から「LIVEのプッシュ通知が来て、見たかったけど見れなかった」という声をいただくことがあるそうです。

「全員にLIVEを見ていただけたら最高ですが、まずは知ってもらうことが重要。知ってもらえたら次見てもらえるかもしれない。確実に知ってもらうためにアプリのプッシュ通知を使っています。」

TOMOZOさんはプッシュ通知の特性を理解し、今では非常にうまく活用されています。

Instagram LIVEとプッシュ通知の相性は抜群です。

最後に、「今後もアプリを使っていろんな面白い企画をして、もっとワクワクしてもらえるような発信をしていきたい」と話してくれました。この先、TOMOZOアプリからどのような情報が届くのかとても楽しみです!

取材協力:TOMOZO(森本知誉)

神戸三宮の人気サロンFREE’Snail代表 兼 クリエーターネイリスト、プティール 公式エデュケーター/アートディレクター。

年間2000名を超える指名顧客を持つ実力派のネイリスト。ファッション業界・モデルのお客様からの信頼も厚く、ファッションからインスパイアした斬新かつ個性的なアートやスパイスの効いたカジュアルアートなどを次々と生みだすクリエーターとして活躍中。

※この記事はアプリクッキングが発行している制作事例集「ほやほや」2017年5月号に掲載の内容を転記しています。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です