実績多数!プッシュ通知機能をうまく活用して店舗集客UP!

プッシュ通知機能は使い方次第で店舗集客に使うことができます。まずはプッシュ通知機能とは実際どういう機能なのかを簡単に解説してから、プッシュ通知の特徴や集客に使える理由などを紹介します。

お店の公式アプリを運営する上での最大の特徴であり、メリットであるプッシュ通知。この機能を使わない手はありません。しっかりとプッシュ通知機能の本質を理解して是非集客に活かしてください。

1.プッシュ通知機能とは

プッシュ通知とは、今手元にあるスマートフォンに直接お知らせする機能です。LINEを使っている方はイメージしやすいかも知れませんが、LINEが送られると表示されるお知らせがプッシュ通知機能です。リアルタイムですぐにお知らせをしてくれるので、すごく便利な機能です。それでは特徴を見ていきます。

push

2.プッシュ通知の特徴

プッシュ通知機能には、ユーザーと送信者にメリットとなるいくつかの特徴があります。

  • リアルタイムで情報を送信できる
  • ユーザーがアプリを使ってくれる確率が向上する
  • しばらくアプリを使ってないユーザーが再度使ってくれる

直接スマートフォンに画面上の表示と音やバイブレーションでお知らせできるので、上記の3点を可能にします。この特徴があるからこそ、集客を可能にするコミュニケーションツールとなり得るのです。

3.プッシュ通知は効果的に使えば集客ができる

プッシュ通知はクーポンやセールなどお客さんに有益な情報を配信する事に使えるので、集客に使えます。

スマホへのダイレクトなお知らせが集客に繋がる

手元のスマホに直接、大事なお知らせが届いたらかなりの確率で開かないでしょうか。一般的にはプッシュ通知の開封率は70%以上だと言われています。よくお店などであるメールマガジンの開封率は10%以下だと言われているので、プッシュ通知の開封率は非常に高いです。

プッシュ通知機能はお知らせの数より、いかに求められている情報を配信するかが重要であり求められる情報なら何度配信しても嫌がられることは基本的にはありません。アプリクッキングのクライアント様の中には毎日プッシュ通知を配信するようになってから一ヶ月の平均予約数が2倍以上に増えているという飲食店も実際にあります。

 4.店舗集客のための正しいプッシュ通知の送り方

集客するためのプッシュ通知の運用方法は、以下の3つです。

  1. お客さんのメリットになることを送る
  2. 継続的に配信をする
  3. お客さんの行動時間を考えて配信する

詳しくは以下の記事で紹介しているので、参考にして下さい。

プッシュ通知の使い方は簡単。基本的なポイントは3つだけ!

2015.07.29

5.まとめ

今回はプッシュ通知機能を使っての店舗集客というテーマでした。実際にお店のアプリを導入されていてプッシュ通知で集客されている店舗さんがたくさんあります。ただ、一つ言えることは新規集客よりはリピーター集客のほうが向いているということです。アプリクッキングのお客様からよく聞く声が、「リピーターのお客様がプッシュ通知で配信された情報を見て今まで試されたことのないメニューを試してくれた」「リピーターの方が新規客をよく連れて来てくれるようになった」などです。リピーターの方はお店の「ファン」ですからやはり情報を求めているということでしょう。「ファン」が情報を求めているとすれば、プッシュ通知はファンにとっても大変便利であり、届いた情報をきっかけとして「集客」につながるということはごく自然なことではないでしょうか。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。