プッシュ通知の許諾率とは?通知をONにしてもらうメリットと方法

プッシュ通知の許諾率について考えたことはあるでしょうか。一般的にプッシュ通知の開封率は、メールの開封率よりも圧倒的に高いと言われています。

しかしプッシュ通知がOFFになっていれば、メールとほとんど変わらない、もしくはメールよりも効果が低くなってしまいます。

今回はプッシュ通知の許諾率に的を絞り、許諾率、通知をONにすると得られるメリット、プッシュ通知をONにしてもらうためにできることをご紹介します。

アプリのプッシュ通知の許諾率が低いことによって生まれる機会損失を最小限にしましょう。

1.プッシュ通知の許諾率は35%〜50%

プッシュ通知サービスを提供しているUrban Airshipが6ヶ月で5億プッシュの統計から、プッシュ通知の許諾率は平均35%〜50%だということがわかっています。

PUSH1

高いと思われましたか?少ないと思われましたか?

私は少ないと思いました。仮にプッシュ通知の許諾率が50%でも、半分のユーザーに通知が届かないのです。

上の表のカテゴリーごとに見ると以下のような許諾率になっています。

  • ギャンブル(ポーカーとか):平均46%
  • メディア(ニュースとか):平均50%
  • エンタメ(ソーシャルとか含む):平均45%
  • リテール(フリマとか):平均46%
  • ゲーム:35%スポーツ:平均48%

出典 アプリマーケティング研究所
アプリユーザーをアクティブにする!専門家が教える「プッシュ通知」5つの真実と間違い。D2CRアプリセミナー

以上のデータは、仕事効率化のツールアプリと企業・お店が持つアプリは含まれていません。ツールアプリはご存知の通り、プッシュ通知を送る必要はあまりありません。アップデート情報を送るぐらいです。

企業・お店が持つアプリに関しては、他のカテゴリーのアプリよりプッシュ通知が重要だとアプリクッキングでは考えています。

顧客満足度を上げるために導入されることが多いアプリなので、1つの情報が届かないことは大きな損失です。

それではなぜプッシュ通知がONになっているのが重要なのか、もう少し深く見ていきます。

2.プッシュ通知がONになっていることで得られるメリット

プッシュ通知はOFFよりもONになっていることで得られるメリットがたくさんあります。特に2つのメリットについて見ていきます。

①プッシュ通知OFFよりONにしている方がアプリの継続率が12%高い

継続してもらえばもらうほど、あなたのビジネスは忘れないでもらえます。そして継続的に顧客にアプローチし続けることができます。

PUSH2

6ヶ月時点の継続率を見ると、プッシュ通知をOFFにしているユーザーの継続率が13%に対して、プッシュ通知をONにしているユーザーの継続率は25%です。

12%も継続率が高くアプリをしっかりと使ってもらう可能性が高くなります。

せっかくアプリを作っても使ってもらわなければ意味がありません。開発費や開発に費やした時間を取り戻すためにも、プッシュ通知はONにしてもらった方がいいのです。

たくさんのアプリがある中であなたのアプリを継続して使ってもらうことは、すごく価値が高いことです。どのような内容を送るのかが1番重要なことですが、継続率は無視できない数字です。

②プッシュ通知をONにしているユーザーは、アプリをたくさん起動してくれる

プッシュ通知をONにしているユーザーは、継続率が高いため、その分アプリをたくさん起動してくれます。

PUSH3

継続率が高まり、起動する回数も増えるので、ユーザーの満足度や信頼度は向上していきます。お店などのアプリであれば、満足度や信頼度の向上は売上に直結します。

以下は表の数字を書きだしたものです。

  • リテール
    プッシュON 13回起動/月
    プッシュOFF 9回起動/月
  • エンタメ
    プッシュON 10回起動/月
    プッシュOFF 8回起動/月
  • メディア
    プッシュON 23回起動/月
    プッシュOFF 22回起動/月
  • ギャンブル
    プッシュON 22回起動/月
    プッシュOFF 16回起動/月
  • スポーツ
    プッシュON 13回起動/月
    プッシュOFF 11回起動/月
  • ゲーム
    プッシュON 27回起動/月
    プッシュOFF 20回起動/月

出典 アプリマーケティング研究所
アプリユーザーをアクティブにする!専門家が教える「プッシュ通知」5つの真実と間違い。D2CRアプリセミナー

以上がプッシュ通知の許諾率を上げるべき理由になります。すごく前置きが長くなりましたが、次はプッシュ通知の許諾率を上げる方法を紹介していきます。

3.プッシュ通知の許諾率を上げる方法

それではプッシュ通知をONにしてもらうために出来ることをご紹介したいと思います。アプリの担当者必見です。

まずAndroidに関しては通常何もしなければプッシュ通知は暗黙の了解で、ONになっています。ユーザー自身で設定を行わないと通知がOFFになることはありません。

Androidに対してiPhoneは初めて起動した時に、必ず以下のような表示がでます。

PUSH4

 

これはiPhoneで「ヤフオク!」を初めてアプリを起動した時に出てくる表示です。この時に「許可しない」とタッチされるとプッシュ通知はOFFになります。この画面を表示される前に「OK」とタッチしてもらうことが重要です。

大事なポイントは2つです。

  1. 初めての起動で上の表示が出るまでに「このアプリのプッシュ通知は受け取った方がいいな」と思ってもらうこと
  2. 最初の設定で「許可しない」としたユーザーに対して、いつでもプッシュ通知をONにできるようにしてあげること

初めて起動した時のチュートリアル上でプッシュ通知の内容を説明する

最初にプッシュ通知をONにしてもらえば、OFFにされる可能性は低くなります。わざわざアプリの設定を1つずつ変更しようする人はかなりの少数派だからです。

felloの調査では、プッシュ通知の内容を事前に知りたいニーズも明らかになっています。

push5

出典 fello
他のアプリと差をつける!プッシュ通知の許可設定タイミングで継続率が6倍!

「したい:59.8%」と半数以上はプッシュ通知を許可設定の前に内容を確認したいのです。また「どちらとも言えない:34.8%」に該当する人たちも、内容を確認できるのであれば確認したいというニーズは少なからずあるでしょう。

アプリをダウンロードして最初に始まるチュートリアル画面で、このアプリはプッシュ通知で何が送られるのか伝えましょう。

以下が実際の例です。

①MERY(女子向けメディア)

スクリーンショット 2015-10-13 14.51.47

②Ameba(ブログサービス)

スクリーンショット 2015-10-13 14.52.54

③Appliv(アプリのレビューサービス)

スクリーンショット 2015-10-13 14.53.13

手前味噌かも知れませんが、しっかりチュートリアルで何をプッシュ通知するのかを紹介しています。

プッシュ通知の内容をカテゴリー分けし、欲しい情報だけ受け取れるようにする

先程は最初のプッシュ通知の許諾に関してですが、次はOFFの状態からONにしてもらうためにできることです。アプリによっては、この情報は欲しいけど、この情報はいらないと思われていることは結構あります。

例を参考にして下さい。

①AWA(ストリーミングで音楽が聴けるサービス)

IMG_0070

②Instagram(写真のSNS)

IMG_0071

③MERY(女子向けメディア)

IMG_0072

アプリを自由に変更することができるのであれば、 以上のようにアプリを編集し、プッシュ通知をONしてもらえるようにしましょう。ただし変更には多少時間がかかるので、企画の段階で考えられるとベストです。

弊社の提供しているようなアプリクッキングなどのアプリ制作サービスでは、細かく対応しているところはまだありません。

アプリクッキングでもプッシュ通知をONにしやすくできるように開発を進めているので、もうしばらくお待ち下さい。

次はすぐに行動に移してもらいプッシュ通知をONにしてもらう方法についてご紹介していきます。

4.お店で直接お客様にプッシュ通知をONにしてもらう方法

ここでは、実店舗でプッシュ通知がOFFになっているお客様に通知をONにしてもらうためにできることをご紹介します。

もしプッシュ通知をONにしていないお客様がお得な情報を逃していたら、お店もお客様ももったいないですと思わないでしょうか?

しかし、お店で直接お客様にプッシュ通知をONにしてもらう方法は、「案内して設定をしてもらう(してあげる)」しかありません。

特別なツールでお客様の80%がプッシュ通知をOFFからONにしてくれるような魔法はありません。

お店でお客様にプッシュ通知をONしてもらう案内をするときに気をつける点をリストアップしました。

アプリをダウンロードしていてクーポンの利用がないお客様にだけ案内する

→「アプリのクーポンの利用がなしになっているのですが、お知らせは届きましたか?」と会話をすれば、自然にプッシュ通知をONにする流れが作りやすくなります。

しつこく案内しない

→しつこく案内することはやめましょう。ダウンロードしてくれているだけでありがたいことです。適度にプッシュ通知で受け取れる情報を伝えるだけにしましょう。

プッシュ通知の設定方法を把握しておく

→案内をしてお客様にプッシュ通知を受け取ってもらえることになっても、設定ができないと「やっぱりいいや」となってしまうことがあります。

下記の記事は、プッシュ通知をOFFにするメリットが書いてある記事ですが、プッシュ通知の設定方法がわかりやすく書いてある記事です。

プッシュ通知オン/オフの設定変更方法|iPhone、Android

 出典 アプリ部

プッシュ通知の内容が本当にお客様のためになっているかを確認する

→お客様のためにならないものを勧めるのは、スタッフも嫌なはずです。本当に良いものを自然に紹介できるようにしましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。プッシュ通知の許諾率を上げることは、アプリで何かしらの成果を上げたい人は、必ず取り組むべき課題です。今回は、プッシュ通知のデータとプッシュ通知をONにしてもらう1つの例を紹介しました。

参考にしていただければ幸いです。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です