【住宅会社のアプリ導入事例】お客様から「アプリあるとわかりやすいわぁ」との声!実際に紹介が増えました。

img_1923

意外な方がアプリをダウンロードしてくれてます

アプリあるって言ったらビックリされますね。

「アプリ?」「スマホのアプリなんてあるんですか?」「何それ?」って言って興味を持っていただけます。アプリクッキングさんにブランディングで持たれる方もいらっしゃるとは聞いていましたが、まさかこんなに驚かれることとは思ってもみなかった。

やっぱりアプリは新しいアイテムだなと感じています。

ダウンロードしてくれているのは、家を建ててくれた顧客の方なんです。顧客の方がアプリを入れたがるというかダウンロードしてくれてますね。

img_1768

その理由が興味深くて、言われるまで気がつかなかったのですが家を建てた方が、内見会とかに友達を連れて行ったりしたいみたいなんです。

正直、家を建ててくれた方に内見会のご案内を送ることなどはしていなかったので驚きでしたね。

アプリをダウンロードしておけば、もちろん内見会の情報などが届きます。

「アプリあるとわかりやすいわぁ」と、そういう声を家を建ててくださった顧客様からおっしゃって頂けるとは思ってもみなかったです。

アプリクッキングさんの考え方が「ファンのために!」なので、まさにアプリはそのためにあるんだなと実感しています。

結果的に紹介が増えています

最近、紹介が増えてるんです!

もしかしたら、家を建てた顧客の方は誰かに伝える手段がなかっただけで自分の建てた家がどんな会社がどんな考え方で建てたかをお話したいという欲求があったのかなと感じています

それが、アプリがあることで実現した

目には見えないし、数字では測れないけど

顧客様とそのお知り合いとのコミュニケーションの中で家を建てることや、今の家の話などになった際にアプリが意外な活躍をしている

そんな想像をさせられますね。

実際、私は営業マンでして社長の方針もあり紹介を大事にしています。そして紹介していただけるよう日々努力をしてきました

具体的には、毎日違う方とランチに行ったりです。紹介ってそういう何気ない時やタイミングというか、ある意味でたまたま起こるものじゃないですか

その可能性を上げる努力はできますが、結局はいいものがあることが前提であとはタイミングときっかけだと思うんです。

アプリはそのきっかけになってる可能性大ですね。

アプリを用途別で作ることも考えています

今作ったアプリが成功したら今度は建ててもらったお客さん向け専用のアプリを作ったらどうやって話もあって今から建てる方と、建ててもらった方を分けて二本立てもいいんじゃないかって事も考えてるんです。

家を建ててもらったお客さん向けのイベントなども行っていますし、メンテナンス情報などもどんどん発信したい。

実際に顧客様からは情報が欲しいという声もいただいています。

顧客専用のアプリ、面白いと思いますね。

アプリ導入のきっかけは?

勉強会でアプリがいいと聞いて「なにそれ?」そんないいのがあるんやって思って、やりますって感じでスタートしたのがきっかけです。

正直、アプリの何がいいかとか使い方をイメージできていたわけではありません。

うちの社長がいつも決まり決まったことだけやってても面白くないんで新しいこと考えてやっていけと

どんどんチャレンジしてみることが大事と言っています。

今回はチャレンジしてみようと、そう思ったのがきっかけでした。

作造公式アプリはこちらから

sakuzoapp-01

iPhoneの方はこちらから
download_on_the_app_store_jp_135x40-1 Androidの方はこちらから
google-play-badge-1-1

img_1923

appdownloadbunner2

 

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。