アプリの運用に便利な小技シリーズ:スクリーンショット

こんにちは。アプリクッキングの坂口です。

今回の小技シリーズは、「スクリーンショット(略:スクショ)」についてです。

みなさん、スクリーンショットって普段活用していますか?

この機能は、様々なシーンで活用できてとっても便利です。お仕事しているとき、プライベートでも。この機能活用しすぎて、私のカメラフォルダ、デスクトップはスクリーンショットだらけです(笑)

今回の記事では、スクリーンショットってどういうときに使うのか、スクリーンショットの撮り方をお伝えします。

スクリーンショットとは?

スクリーンショットとは、モニターに表示されている画面を画像として保存することです。スマホ、パソコンどちらともで活用できます。パソコンの場合は、領域を選択することも可能です。

どういうときに使うの?

メモ代わりとして

時刻表をメモ

screen1スクリーンショットしてカメラフォルダへ保存!簡単に時刻表を確認できます。

電車の乗換方法をメモ

screen2電車の乗り換え方法のスクリーンショットは、日常で一番使えるかも!

気になるサイトをメモ

screen3好きなコーディネイト、気になるお店、メモしたい記事をパシャり

プレゼン資料に

WEBサイトの一部をスクショ

screen13WEBサイトの一部をスクリーンショットして、プレゼン資料に活用!

アプリでも活用

ホームページの背景色をアプリにも

screen14ホームページの背景をスクショして、アプリの背景に設定!

ニュースをスクショしてSNSで拡散!

スクリーンショット 2016-03-11 16.59.36アプリのニュースをスクショしてSNSで拡散!

スクリーンショットの撮り方(Mac編)

それでは早速スクリーンショットの撮り方を説明します。まずはMac編。

画面全体のスクリーンショットを撮る

1)「command (⌘) + shift + 3」を押します。

FullSizeRender 19

2)スクリーンショットがデスクトップに.pngファイルとして作成されます。

 appcooking1 

画面の一部のスクリーンショットを撮る

1)「command (⌘) + shift + 4」を押すと、ポインタが十字に切り替わります。

FullSizeRender 20

2)スクリーンショットの撮影範囲となるスタート点に十字のポインタを移動します。

3)ドラッグして範囲を選択し、マウスまたはドラックパッドのボタンを放します。

appcooking2

4)スクリーンショットがデスクトップに.pngファイルとして作成されます。

appcooking3

スクリーンショットの撮り方(Windows編)

画面全体のスクリーンショットを撮る

1)[Print Screen]キーを押します。

2)ペイントを開きます。

screenshot3

3)[Ctrl]キーを押しながら[V]を押すと、保管されているイメージが貼り付けられます。

screenshot4

5)名前をつけて保存します。これでスクリーンショットの撮影終了です。

screenshot5 (1)

作業中の画面のスクリーンショットを撮る

1)[Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押します。

screenshot1

2)ペイントを開きます。

screenshot3

4)[Ctrl]キーを押しながら[V]を押すと、保管されているイメージが貼り付けられます。

screenshot6

5)名前をつけて保存します。これでスクリーンショットの撮影終了です。

screenshot5 (1)

スクリーンショットの撮り方(iPhone編)

screen5                                スリープボタンとホームボタンを同時に押すと、カメラフォルダへ保存されます。

まとめ

いかがでしたか?この記事を書く際も、スクリーンショット機能はたくさん使いました!

使い慣れると、 スクリーンショットは様々なシーンで大活躍します。他にもこんな使い方があるんじゃないか!アプリにこうやって活用できますよ!っていうのがあれば、ぜひ教えてくださいね。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング取締役副社長。 ブログでは、日々の学びやお客様からいただいたリアルな声、弊社の雰囲気や社員紹介などを私なりの表現でさせていただきたいと思います。