【検証】自社HPとホットペッパービューティーとオリジナルアプリで予約の電話をかけるまでのタイムは?

最近ネット予約ができるお店が増えています。しかし、電話予約のほうが柔軟性が高く、まだ電話で予約するお客様は多いです。

今回は美容室のMODE K’s様との勉強会で行わせていただいた検証実験をご紹介させて頂きたいと思います。自社のHPとホットペッパービューティーとアプリクッキングで制作したオリジナルアプリで予約の電話をかけるまでのタイムを計りました。

1.電話予約はまだまだ健在!

株式会社トレタの「事前に飲食店に予約するならどの方法を行うのかアンケート」よると、約7割の人が電話で予約すると回答がありました。

【回答数】
電話:72
web予約:27
直接店の知り合いに連絡:1
その他:0

d10967-8-888996-0

出典 【調査リリース】飲食店への事前予約、みんなどうやってしているの?

飲食店に限らず、まだまだ電話予約は健在で、しっかりと対策する必要があります。

2.各媒体で予約の電話をかけるまでを検証

※お手数ですが1分20秒〜ご覧下さい。
※スマートフォンの場合、クリックすしないと動画がスタートしません。

MODE K’s様の持つ以下の3つの媒体でタイム電話をかけるまでのタイムを計りました。

  1. MODE K’sホームページ
  2. ホットペッパービューティー
  3. アプリクッキングで制作したオリジナルアプリ(iPhone/Android

※ホットペッパービューティーとオリジナルアプリは、例として尼崎店のURLになっています。

自社HPとホットペッパービューティーに関しては、検索して探すところから始めてもらい、オリジナルアプリはすでにスマートフォンに入っているものを起動するところ始めてもらいました。

3.検証結果

3グループで実施しました。

MODE K’sホームページ

チームA 34秒
チームB 47秒
チームC 44秒
平均タイム 41.7秒

MODE K’sは38店舗あるので、その中から自分のお店を探してから電話かけるのに苦戦していました。

ホットペッパービューティー

チームA 34秒
チームB 80秒
チームC 112秒
平均タイム 75.3秒

ホットペッパービューティーはネット予約を推奨しているので、弊社のスタッフが電話番号を記載されている場所を伝え、このタイムです。電話番号はとてもわかりにくい場所にあります。

アプリクッキングで制作したオリジナルアプリ

チームA 10秒
チームB 7秒
チームC 8秒
平均タイム 8.3秒

圧倒的でした。アプリをそもそも入れていなければなりませんが、アプリクッキングはファンを更に喜んでもらい集客するツールなのでダウンロードは大前提です。

4.結論:店舗用に作られたオリジナルアプリが一番早く電話をかけられる

各媒体 平均タイム
MODE K’sホームページ 41.7秒
ホットペッパービューティー 75.3秒
アプリクッキングで制作したオリジナルアプリ 8.3秒

圧倒的に電話をかけるまでのスピードが早いのは、アプリクッキングで制作したオリジナルアプリでした。アプリクッキングは実店舗用向けで電話がしやすいように作られています。だからこのスピードが実現します。ただし全てのアプリに当てはまらないのでご注意下さい。

※ホットペッパービューティーは使いにくい訳ではありません。電話予約はし難いという話です。ネット予約のし易さに勝るサービスはほぼないと言ってもいいと思います。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。この結果を見て「うちの電話予約はし易いのか?」と考えて頂けたら幸いです。大事なのはお客様がいかに使いやすかです。理想はお客様を一切迷わせないことです。今回は美容室でしたが、飲食店はとくに電話で空席を聞くことが多いのではないでしょうか?アプリクッキングでお店の公式アプリを作られている「ざりお」という焼き鳥屋さんでは、アプリをダウンロードしてくれている人からの空席状況のお問い合わせ電話がものすごく増えているというご連絡もいただいております。

ざりおさんについてほこちらをご覧ください。

【ファンのために!】炭火焼鳥ざりお長谷川オーナーの思い。

2016.02.04
アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。