店舗の公式アプリを作る際に必ず確認すべき4つのポイント

この記事はアプリクッキングを使い店舗の公式アプリを作ることに興味がある人向けの内容になっています。店舗に公式アプリを導入することに、どれほど価値があるか、導入前に確認すべきことはどんなことかなどを簡単にまとめています。

具体的な内容としては、店舗アプリを導入することで得られることや注意点、料金相場や業者を選ぶ際のポイントも紹介しています。

0.店舗の公式アプリとは

店舗の公式アプリとは実店舗のオリジナルオフィシャルアプリのことです。複数店舗展開している会社などの場合は会社全体の公式アプリ(コーポレートアプリと呼んでいます)とは別に店舗ごとの公式アプリのことを「店舗の公式アプリ」と呼んでいます。

コーポレートアプリについてはこちらをご覧ください

コーポレートアプリが急増中!企業が公式アプリを持つ必要性について書いてみた

2016.02.24

 

なぜ店舗ごとにアプリを持つのか、その理由はアプリをホームページのような使い方をするのではなく、どちらかというとSNSのように運営して使っていくからです。簡単な管理画面によりトップ画像を変更したり、クーポンをプッシュ通知で配信したりと様々な運営が可能なので、店舗ごとの現場に使い方を任せて運営することが可能です。

では、実際にアプリ運営の前に確認するべき点を見ていきましょう。

1.店舗の公式アプリを導入するメリット

主なメリットは以下の3点です。

  • ダウンロード数の数だけ情報を届けることができる
  • アプリならではの機能が使える
  • 管理画面で簡単に更新ができ、現場が運営できる

ダウンロード数の数だけ情報を届けることができる

アプリのダウンロード数が500なら、プッシュ通知を送れば500人に情報を届けることができます。このようにダウンロード数の数だけ情報を配信することができます。よくあるメルマガやメーリングとの違いは開封率です、わかりやすく言うと情報を見てもらえる可能性です。メルマガやメーリングは今やほとんど見てもらえないツールとなりました。またハガキやDMとの違いとしてはコストです。プッシュ通知はいくら送信してもコストがかかりません。例えば、500人にハガキを送ろうと思えば25000円のコストと制作時間が必要です、アプリのプッシュ通知ですとコスト0で5分もあれば完了します。

もちろんそれぞれに魅力があります、特にハガキは手間暇かかるわけですからファンにとってはプッシュ通知をもらうことより格別に嬉しいと感じてもらえることでしょう。もちろんそれもハガキの内容にもよりますが。

ちなみに、アプリクッキングのお客様で多いお店で2000ダウンロード、平均的に300から500ダウンロードとなっています。

アプリならではの機能が使える

先ほども出てきましたプッシュ通知。その他にもクーポンの発行、ワンタッチで電話、バッジ機能などなど。様々機能が使えるので、どのように運用するかで様々な効果が狙えます。

特にプッシュ通知は、他の機能との相性もよく様々な企画とも相性がいいでしょう。集客にも繋げていけます。プッシュ通知を使った集客については以下の記事をご確認下さい。

実績多数!プッシュ通知機能をうまく活用して店舗集客UP!

2016.06.07

管理画面で簡単にアプリ作成と更新ができる

アプリを運用していくための管理画面があります。操作は非常に簡単でTwitterやアメブロなどのブログを更新するようなことができれば問題ありません。この簡単な管理画面を店舗ごとに持つことで、現場でアイデアを出しスピーディーに様々なことを実行していくことができることが店舗の公式アプリに魅力の一つです。例えば、雨が降ってきたから急遽雨の日クーポンを作り、プッシュ通知で配信する。この一連の作業を5分もあれば完了してしまえます。トップ画像の変更やリンク先の変更なども簡単に行えます。

2.店舗の公式アプリを導入する際の注意点

アプリ導入前に注意しなければいけない3つのポイントです

  • 機能はある程度制限される
  • 導入した後の運用をしっかりしないと効果がでない
  • ダウンロードしてもらわないと意味を成さない

機能はある程度制限される

アプリクッキングでは0からアプリをオリジナルで作る訳ではありませんので、機能がある程度制限されます。もちろん、サービス全体として必要な機能はどんどん増やしていくのですが、できることできないことがありますのでアプリ導入前にどの機能を使えば良いかイメージをしておく必要があります。

導入した後の運用をしっかりしないと効果がでない

どんなに機能が多彩でも、結局は使いようです。あくまでツールということを忘れないで、どのように使えば効果が最大化するのか常に考える必要があります。これは、店舗の公式アプリに限らず全てツールやサービスに言えることだと思います。手間暇かければ、どんなことも大抵のことは成果がでます公式アプリはその点で言うと努力が成果につながりやすいです。

ダウンロードしてもらわないと意味がない

アプリでプッシュ通知を送りたくても、まずアプリをダウンロードしてもらわないと始まりません。そのための、施策はスゴく大切です。と言ってもゲームのアプリをリリースさせる訳ではありません。あなたのお店のアプリをファンのために、ファンに向けてリリースする訳です。アプリの存在さえしっかりとお伝えすることができれば比較的スムーズにファンにダウンロードしていたでけることが多いです。

3.アプリ制作のポイント

アプリ制作のポイントは3つあります。

  • デザインより使いやすさ
  • 継続的な運用を重視
  • ファンにとって便利に作る

デザインより使いやすさ

最近はデザイン重視で物事が考えられることがよくあります。もちろんデザインはものすごく重要です。ここでお伝えしたいのは、よくありがちなのですが作る側がデザインにこだわりすぎるということです。特に店舗のアプリをダウンロードして使ってくれる方というのは、デザインを求めているのではなく便利さやお得な情報を求めています。デザインに凝りすぎるよりも、アプリを使う人が使いやすい構成を考えるべきです。

継続的な運用を重視

これもよくあるのですが、はじめに作る側がはりきりすぎて複雑な戦略を作ってしまい運営にすごく手間がかかる状況にしてしまいがちです。大事なのは継続的に運用していくことです。戦略はシンプルに、簡単に運用できる戦略を考え継続的に運用していくことが重要です。

ファンにとって便利に作る

ファンにとって何が便利かを中心に考えてアプリの構成を考えましょう。経営者の立場で都合のいいように考えて作ったアプリはなかなかうまく活用されません。本当にファンにとって便利なものを考えて作ることこそが店舗の公式アプリを最大限に活用するための最短の道です。

4.料金

0からアプリを制作すると数百万〜数千万円かかると考えて間違いありません。アプリクッキングの料金にはアプリのサーバー代はもちろん、Apple社とGoogle社とのやりとり代、それぞれのデベロッパー費用も含まれております。アプリはアップル社とGoogle社に管理されており、この2社とのやりとりは必須となります。ちなみにすべて基本は英語でのやりとりとなります。アプリクッキングでは月額費用にサーバー代からサポート代まですべてが含まれており、新しい機能が追加されても追加料金は発生しません。解約もいつでも可能となっています。

まとめ

店舗の公式アプリを導入するかどうかで悩まれている方は少なくないと思います。店舗のアプリは正直あってもなくてもいいというのがアプリクッキングの考え方です。ただアプリクッキングが主張していることがあります、それは「For Your Fans!」ファンのためにです。ファンにとって、お客様にとって公式アプリは必ず便利なものであることは間違いありません。アプリをダウンロードしたお客様やファンの方はアプリからすべての情報を得ることができる上、お得な情報を確実に得ることができます。さらに、ワンクリックで電話ができたり、マップもすぐに開くことができます。お客様やファンにとっては間違いなく便利なお店の公式アプリ、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アプリクッキングサポートセンター長。 「アプリを導入したから終わり」ではなく「導入したからこそ長くお付き合いしたい」という想いで運営しています。サポートって何をしてもらえるの?って思われている方も多いと思います。ここでは、サポート内容を目に見える形で配信していきます。