現在アプリリリースまでに2ヶ月以上かかっています。

現在、アプリのリリースやバージョンアップに時間がかかっている状況です。

これまで2ヶ月ほどあればアプリをリリースできておりましたが、現在平均的に3ヶ月を要している状況です。

その原因は、Apple社の審査が厳しいことと、Google社のシステムバージョンアップによるものです。

 

■Apple社の審査に2ヶ月ほどかかることも。

審査は早ければ1週間、遅いもので3ヶ月ほどかかっています。

以下がアップルのアプリ審査基準です。

審査ガイドライン

 

■Google社のアプリ開発ツールがバージョンアップしました。

Android Studio 2.3にシステムをバージョンアップしました。

その結果、変更点が多くアプリの開発自体にこれまでより時間を要している状況です。

これに関しましては、アプリ開発を繰り返し行うことで、時間の短縮は可能と考えております。

Android Studio 2.3についてはこちら

■バージョンアップについて

アプリリリースまでに時間がかかっている状況であるのと同時に、バージョンアップにも時間がかかっています。

理由としましては、同じ理由です。

バージョンアップを行うと再度「審査」がありますので、一つ一つのアプリに非常に時間がかかっている状況で、お客様には大変ご迷惑をおかけしております。

大変申し訳ありません。

現在、バグが起きないという安全面を最優先に、スピードを意識して最善を尽くして参りますのでご理解頂けますと幸いです。

※新機能の「ポイントカード」「会員機能」についてはバージョンアップが終わると使用できます。

 

 

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社アプリクッキング代表取締役社長。 アプリクッキングはアプリ屋さんではありません。アプリを使ってクライアント様と、より良い未来を一緒に創造していくことを目指しています。経営、マーケティングという観点からの記事を主に書いていこうと思います。