アプリクッキング主催ワークショップ「自炊」を開催しました

アプリクッキングでは定期的にワークショップを開催しています。

ワークショップのテーマは「自炊」。“自分のアプリを自分で作る”ことができるワークショップです。

プログラミングの知識不要で、誰でもアプリづくりを体験できます。その場で作ったアプリが気に入れば、自分で作ったアプリをApp StoreやGoogle Playにリリース申請をすることもできてしまいます。

今回の記事では、先日(2017年11月8日)に東京で行われたワークショップの様子をレポートし、ワークショップの流れなどを詳しく紹介していきます。

 

ワークショップ「自炊」の流れ 

アプリクッキングのアプリについて説明

まずはじめに、ワークショップ「自炊」で制作体験できるアプリについて説明します。

ワークショップで体験できるのは、ゲームなどのアプリではなく、企業や店舗のかたに活用していただくことが多い「情報を集約するアプリ」です。

今回ご参加いただいたかたから「ホームページのアプリ版ですね!」といった反応をいただきましたが、まさにおっしゃる通りです。

 

アプリの事例紹介

次に、アプリクッキングのサービスで実際にリリースしているアプリの事例を紹介します。

アプリのデザインを見ていただいたり、実際にどのようにアプリを活用しているのか紹介しながら、アプリに対する理解を深めていただくことを目的にしています。

今回は参加者のかたにイメージしていただきやすい事例として「飲食店」と「美容店(まつエクサロン)」のアプリを紹介しました。

・ざりお(飲食店)公式アプリ

 

・FACE TOO(まつエクサロン)公式アプリ

 

アプリ制作体験

アプリについて一通りご説明した後は、早速アプリ制作を体験いただきます。

ここからは、実際にどのような流れでアプリ制作を体験いただくのか紹介していきます。

①作成するアプリのテーマ決め

まずは、参加者のかたそれぞれに作りたいアプリを決めていただき、設計書を作成してもらいます。

自分のお店のアプリ、自分が好きなブランドのアプリ、自分が主催するイベントのアプリなど、自由に決めていただくことができます。

 

②テンプレートデザインにそって作成スタート

アプリのテーマを決めたら、設計書をもとに全体のイメージを作成します。

ワークショップでは、シンプルなテンプレートデザインを使ってアプリを制作いただきます。

 

③素材集め

全体のイメージが完成したら、アプリに使う素材(画像等)をホームページなどから集めていただきます。

 

④管理画面を渡してアプリ制作を進めていく

素材が揃ったら、アプリ制作に使う管理画面を参加者のかたにお渡ししアプリ制作を進めていきます。

もちろん管理画面の操作方法を丁寧にお教えしながら、制作を進めていただきます。

アプリクッキングのアプリは、誰でも簡単に使える管理画面が一つの特徴です。

管理画面の操作に慣れてくると、アプリで使う画像を作ったり、アプリで使う動画を作り始めるかたまでいらっしゃいました。

 

⑤完成したデモアプリをシェア

アプリが完成したら、参加者同士で完成したアプリをシェアします。

自分が作ったアプリを「誰に使ってもらいたいか」「どんなことをしたいか」などをシェアしていただきます。

アプリの使い方のアイディアがどんどん出てくる、とても有意義な時間です。

「それおもしろいね!」「こんなこともできそう」と、いろんな意見が飛び交いました。

 

⑥リリースまでの流れを説明

最後に、今回作ったアプリを実際にリリースするために必要な情報をご案内してワークショップ終了となります。

 

参加者の声

当日ご参加いただいたかたからは、下記のような嬉しいお言葉をいただきました。

「管理画面が使いやすく、アプリが簡単にできて楽しかったです。」

「アプリで使う画像作りに夢中になってしまい、あっという間に時間が過ぎてしまいました。」

「おもしろかったです。アプリっていろんな使い方ができるんだなと勉強になりました。」

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

 

ワークショップ「自炊」参加でアプリ制作費が安くなる

アプリクッキングが開催しているワークショップ「自炊」にご参加いただくと、アプリ作りを体験できるだけでなく、通常より安くアプリを制作・リリースすることができるようになります。

「自炊」には、「節約する」という意味も込められており、ワークショップ参加から2週間以内にお申込みをいただくと、20,000円(税抜)でリリースできます。

通常は、アプリ制作・リリース費として99,800円(税抜)かかるので、ワークショップにご参加いただくとお得にアプリが作れるというわけです。

少しでもアプリの活用に興味があるかたは、ぜひアプリクッキングが行うワークショップ「自炊」に参加して、アプリ作りを体験してみてください。

ワークショップ「自炊」の詳細は、こちらから

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから