【住宅会社の公式アプリ導入事例】株式会社ヤマヒロさんのアプリへの素晴らしい考え方!

アプリクッキングでは様々な業種に合わせたアプリのご提案をしています。

今回ご紹介するのは、「住宅会社」でアプリを活用していただいている「ヤマヒロ」の公式アプリです。

住宅会社としていち早くアプリを導入いただいたヤマヒロさんにアプリの使い方を聞きました。

アプリを最大限活用するために、ヤマヒロさんならでは工夫を聞くことができました。

住宅会社でアプリを活用しようと考えている方には、きっと参考にしていただける内容です。

※インタビュー動画はこちらで公開していますので、合わせてご覧ください。

 

「なんとかアプリだけでも」お客様と繋がる最終手段がアプリ

今回は、住宅販売営業をしている池内様にお話を伺いました。

現場でのアプリの使い方を教えて下さい。

動画とかをアプリから見ていただけるようになっているので、次のアポイントを取って来ていただくのにハードルが高いと言われる方には、「実際に住まわれている方の暮らしを動画ですぐ観ていただけるんです。」というお話をしてダウンロードしてもらっています。

後でアプリを入れておいて下さいと言ってもなかなかダウンロードしにくいと思うので、その場でアプリをダウンロードしてもらい、お客様の携帯で一緒に観たりしています。

動画が観れるということで、結構こころよくアプリを入れてくださる方が多いです。

アンケート自体も住所などの個人情報を書くのがNGという方とかもいらっしゃるので、そういう方にとって、無記名で個人情報の入力がいらないアプリはメリットに感じていただけていると思います。

こちらとしても、住所などを教えていただかなくてもアプリで繋がってさえいれば、完成見学会などの通知をお届けできるので、そういう活用の仕方をさせてもらっています。

 

展示場以外でアプリをおすすめする方法はありますか?

展示場以外だと、名刺にもアプリのQRコードを入れさせてもらっています。

あとは、DMにも全部にQRコード載せています。

 

アプリを導入して解決できた事はありますか?

今までは、アンケートを書いてもらえなかったらそれまでで繋がりが終わってしまってたんですけど、「なんとかアプリだけでも」と、お客様と繋がる最終手段としてアプリを使わせていただいてます。

アプリで繋がることで通知は届けられると思うので、そういうところが良いなと思います。

 

まとめ

今回、ヤマヒロさんのお話を聞かせていただき素晴らしいなと感じたことは、アプリの本質を最大限に活かす使い方をされていることです。

アプリは、メールアドレスなど個人情報の取得が必要ありません。

これは、一件リストにならないのでアプリの運用側は「なんのメリットがあるのかな」と感じてしまいがちです。しかし、立場を変えてお客様の立場からすると非常にハードルが低くお手軽です。

個人情報を取得するのが、簡単ではなくなった今せっかくモデルハウスに来ていただいた方に、2度と情報を送れないというのではもったいない。

個人情報までは無理でも、なんとか「アプリ」だけでも繋がりたい

この考え方はこれからの社会で非常に重要であり、この小さな差が長い目でみて大きな成果を生むと感じました。

アプリはメールアドレスやLINE@などと違い、自分を特定されないので、ダウンロードする方の立場からすると非常にライトな関係であることが最大の利点です。

そしてなにより、スマホの画面に「アイコン」が表示されることで思い出してもらえる機会となる。

この一見わかりにくい、小さな小さな施策がお客様との様々な機会を作り出してくれるのです。

ヤマヒロ様の「広報活動」はそういった地道なことを本当に重要視していることが伝わる素晴らしいものだと感じました、私たちも学ばせていただき広報活動に活かしていきたいと思います。

 

”ヤマヒロ”の公式アプリはこちらからダウンロードできます。

アプリクッキングへのお問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
アプリを導入したいサービス内容を知りたいその他

メッセージ本文(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です