アプリ専門の開発会社が  アプリのことっと  教えるセミナー

新時代の経営・広報・マーケティングはアプリが中心

無料セミナーに申し込む

東京・大阪で毎月4回開催中、無料でご参加いただけます!

アプリのことで悩んだら
スマホアプリってなにがいいの?…とお悩みの皆様へ!

今や国民の8割強が持っていると言われるスマートフォン。その誰もが使っているスマホアプリを戦略的に使えたなら…

  • アプリで売上UPするのかな…
  • WebサイトやSNSと何が違うの…
  • アプリ開発は費用が高いイメージしかない
     そもそもいくらか見当がつかない…
  • 世間はアプリムードだけど
     弊社はどんなアプリを作ればいいの…

そのお悩み、っといたします!

スマホアプリを戦略的に使う

ありとあらゆるモノがアプリに進化

今やあらゆるモノがアプリに進化、またはアプリを使って
行われています。朝起きる時、目覚ましがアプリの人も
多いのでは?電車に乗るとき、コンビニで支払いを
するとき、カメラや地図や天気予報、メモもアプリです。
すべては”スマホ時代”になったため、スマホを動かす
アプリが中心の時代にアップデートされたのです!今、アプリを駆使して売上拡大している企業が増えています。

公式ホームページから
公式アプリへ

Webサイトもアプリ化スマホ=アプリ

物、サービス、お店とあらゆる物は増え、類似商品類似サービスは当たり前、しかもそこに価格競争まで…。1度お客さんになっても顧客にするのは至難の技です。

そんな時代にお客様に探してもらう、もう一度、思い出してもらうことは至難の技です。しかし、キッカケさえあれば話しは別です。そのキッカケをつくるためにお客様のスマホの中に自社の公式アプリをダウンロードしてもらう。>コレがスマホ時代の基本戦略。

メルマガからプッシュ通知へ!!

メール開封率低下=メルマガ限界プッシュの時代

ひと昔前まではメルマガといえばお客様を教育する最強のツールだったかもしれません。しかし、情報過多時代でも読まれるメルマガとは素晴らしく有益な情報でなければ非常に厳しいでしょう。

今や、企業でさえもチャットワークやslackといったITツールを導入しメールを使用する頻度は減少しています。ましてや一般のお客様ともなれば、かなりの確率でメールを未開封で放置しているか、読まずに削除していることでしょう。迷惑メールなどの影響もあり、顔の見えないメールは”怖いモノ”になっているのです。

一方アプリのプッシュ通知は誰から通知が来たのか「アイコン」で認識できます。自分が必要として残しているアプリからの通知は、高確率で開封してもらえます。自社のアイコンはスマホの画面に並んでいますか!?

アプリ開発は費用が心配…。

業界初のアプリ開発「定額制」安心の価格帯

株式会社アプリクッキングはスマホアプリ開発を専門に行う数少ない会社です。アプリ開発はどうしても高額になりがちです、そしてこれからの時代WEBからアプリへの移行はどんどん進みます。しかし、中小企業がアプリを事業に活用するにはコスト面でのハードルが高すぎます。

そこで、株式会社アプリクッキングはアプリ開発のコストを抑えることに挑戦しています。独自のノウハウを構築し、業界初のアプリ開発定額制を実現しました。創業3年で600以上のアプリを開発。10万円台からアプリが作れる時代になりました。

無料セミナーに申し込む

東京・大阪で毎月4回開催中、無料でご参加いただけます!

気になるセミナー内容は?

スマホアプリの基礎知識から、アプリ開発の流れやアプリを使った成功事例などアプリを制作する上で必要不可欠な情報をお伝えいたします。
そして、その後はどのように運用していくのか?を正しくわかりやすくお伝えするセミナーです。

スマホアプリとは!?

まず最初にアプリの理解を深めていただくために、アプリケーションについて簡単にご説明させていただき、Webとの違いやSNS、LINE @などの違いも説明させていただきます。

アプリ開発の流れ(アジャイル開発)

アプリ開発は通常のシステム開発やWebサイト作成とは少し異なります。アプリを開発、制作する上での注意点や具体的な流れや方法をご説明します。

・開発手法の違い!!
ウォーターフォールモデルとアジャイル開発。

※開発をする上でアジャイル開発とウォーターフォール開発は主流の手法です。
それぞれの開発手法でのメリット・デメリットを紹介します。

・アプリ開発はアジャイル開発が主流なわけ。

※アプリ開発をする上でアジャイル開発が主流の手法となります。
なぜ、アジャイル開発なのかを紹介します。

※詳しくはセミナーでお話しさせていただきます!もちろん質問タイムもご用意しております。

アプリの戦略と事例紹介

IT導入補助金プランでアプリを制作した後の戦略や実際に
アプリを運用されている方の事例をご紹介させていただきます。

  • アプリの基本的な使い方
  • アプリを使って売上拡大
  • アプリを使ってコスト削減
  • アプリを使った面白い事例
  • アプリを使ったアイディア事例etc…

アプリの開発費用について

アプリの開発費用を包み隠さずお教えします!もちろん質問も受け付けますので費用に関する具体的な質問や貴社の予算感を教えてください。

無料セミナーに申し込む

東京・大阪で毎月4回開催中、無料でご参加いただけます!

今やビジネスでアプリは当たり前!

大企業によるアプリ成功事例を3つ紹介します。
アイディア1つでまだまだ売上は拡大できるヒントがあるはずです!!

①ラウンドワン

ラウンドワンアプリは、クーポンの配信やレーン予約機能やスコア管理機能など、ラウンドワンの活用を便利にさせてくれるアプリです。大きな特徴は、ユーザーに多くのおトク感を与えていることが挙げられます。
アプリを開けば一目瞭然ですが、アプリ会員限定の様々なクーポンが配信されています。

また、「土曜日限定クーポン」「誕生日限定クーポン」など、使うタイミングに合わせた配信を行うことで、よりユーザーが使ってもらえる様に設計されています。

②スシロー

スシローアプリは、逆にクーポンを出さずにアプリを活用し、顧客の体験価値向上に貢献しています。アプリを使えばお店を探し、席を予約することができ、店での待ち時間を減らせられるようになります。
また、チェックイン機能が付いており、お店についたらチェックインする事ができるようになっています。

2016年には、チェックインするとポイントを貯めることが出来る、「まいどポイント」も導入され、アプリを使うメリットを高めています。この機能は、実際のデータ分析の結果、予約したけどお店に来ない人が多く存在することがわかり、その対応策として搭載した機能なのだそうです。

便利な機能搭載によって、店舗で待つストレスを無くしたり、空の予約の無駄を省いたりすることで、スシローに行くという外食行為の体験価値の向上につながっていることが特徴といえます。

300万ダウンロードの実績を誇り、今や30%がアプリを経由して来店しているそうです。これだけの人が利用するようになれば、例えば、使った金額や来客人数などのデータに基づいて効果的な機能を搭載するといったさらなる展開の可能性があるでしょう。

③GU

GUアプリは、ファッションブランドGUが提供するファッションアプリです。brオススメのスタイリングや最新ニュースを掲載しており、ファッションに関心のある層の参考になる情報を発信しています。2016年には、動画を使ったキャンペーンも展開しており、若い人を中心にユーザー獲得に成功しています。その最大の魅力は、お得さを提供していること、そして非常に充実したファッションサポートの機能でしょう。

アプリ上には、アプリ会員限定で値引きした商品が多く掲載されています。実際に店舗へ足を運んでみると、会員限定価格の商品が分かるようになっています。アプリを普段使っていなくても、お店に行けば、アプリを立ち上げるきっかけとなるような仕組み作りが出来ています。

さらに、おすすめのスタイリングやアイテム、スタッフブログ、トレンド情報はもちろん、着こなしを投稿できる「GU-SHARE」も搭載されています。この機能では、人気商品に紐づいて投稿写真を見られるようになっていたり、人気のコーディネーションもチェックできたりと、一つのソーシャルメディアの様な役割を果たしています。

お得感と充実したファッション情報の提供によって、店舗に足を運ぶ機会以外にもアプリからGUの情報に触れてもらったり、購買のきっかけを与えることに成功していると言えるでしょう。

お客様の事例!

アプリクッキングの事例を紹介します。

①株式会社山弘(住宅会社)

ダイレクトメールでは届かないお客様にもしっかりと情報を届けたい。何か、いい方法がないと悩んでいる時にアプリのプッシュ通知の話を聞き導入しました。

嬉しい効果はいくつかあります。まずアプリから公式サイトへアクセスする人が増えていることです。今までは展示場で案内しても、その後お客様の行動を待つしかなかったし、ネットで検索してもらわないといけなかったが、こちらからプッシュ通知することで、トリガーになりアクセスしてもらえるので重宝してます。

アプリを使ったことで、動画の閲覧数が上がりました。紙のダイレクトメールで動画をお見せすることは出来ないので、これもアプリのおかげで出ている成果の一つです。

②炭火やきとりざりお(飲食店)

新規集客ではなく「今いる顧客のために」ということでアプリを始めました。そもそも、店主1人とアルバイト1人で切り盛りする小さなお店なので既存のお客様を大切に する事が結果一番の売上拡大につながると考えました。
アプリ導入前は、せっかく来てくれたお客様が満席のため入れないという事が多かったのですが、正確な情報をリアルタイムでプッシュ通知する事で機会損失を随分防げるようになりました。

「今、満席です」とか「今、4席空きあります」などを通知すると、それを見たお客様が足を運んでくれます。しかも「アプリ見たよ!」と言って来店してくれるお客様も増えたのでアプリがいいコミュニケーションツールになっていることを実感します。

また、アプリからワンタッチで電話もかけられるのでお客様から使い勝手がいいという声もいただいてます。

クーポンやキャンペーン、新作メニューなんかも通知できるのでとにかく重宝してます。アプリ導入時に一番気にしていたのは運用できるか?でしたがプッシュ通知はスマホ用の管理画面からも遅れるので狭い厨房の中からでもメールを送る感覚でプッシュ通知が送れるので、Webが苦手でも安心して運用できました。

③FREE’S KOBE(美容)

FREE’S KOBEアプリは、ネイルとまつげエクステの美容店舗アプリになります。
オススメのアートや最新ニュースを掲載しており、ネイルをはじめ美容に関心の ある層の参考になる情報を発信しています。

中でも好評なのが「予約」美容は基本的にホットペッパーを利用される店舗が多いのですが、ホットペッパーから検索してもらうと他店に目移りしてお客様が浮気する事が多くなるそうです。しかし、アプリからダイレクトに店舗のホットペッパーページに飛んでもらう事で浮気を防いでいます。

また、ホットペッパーはネット予約のため電話ボタンはページの奥底に隠れている設定になっているので、電話予約が好きなお客様には不向きな設計になっています。そういった点から、アプリのワンタッチ電話がとても好評だそうです。

また、オウンドメディとも連携させる事でお客様を日々教育し共に美容の知識を高めているそうです。そういったお客様は浮気が一切なく毎月リピートしてくれるロイヤルカスタマーなっていくそうです。
極め付けは、誕生日クーポンを発行し誕生月の方にダイレクトプッシュ通知する事で来店のきっかけを与えることに成功しています。

こんな悩みを持っている方に
ご参加いただきたいセミナーです!

  • 売上を拡大したい
  • 新たな施策を試みようと考えている
  • 広告費を削減したい
  • 顧客を創造したい
  • 顧客を囲い込みたい
  • スマホアプリの導入を検討されている
  • そもそもアプリって?
  • どう活用していいかよく分からない。
  • どんな効果が見込めるの?
  • アプリの制作費用が気になる?

その他、どんな些細なことでも気になる事があればどしどしご参加ください!
もちろん、参加費は無料です。

但し、セミナー参加には条件がございます。
「法人様」であるもしくは「個人事業主様は(店舗・サービス・サイト(ホームページ)が存在している。」この条件をクリアしていない一個人の方のご参加は大変申し訳ありませんが、お断りさせていただきます。

無料セミナーに申し込む

東京・大阪で毎月4回開催中、無料でご参加いただけます!

詳細はセミナーでお伝えします

さて、ここまでお読みいただきありがとうございます。 最後にセミナーのご案内です。

もし、あなたがここまでお読みになり、「自社のアプリを開発し、売上拡大を実現したい!」「他社との差別化をはかりたい」「ペーパーレス化を進めたい」「顧客を もっとロイヤルカスタマーに育てて集客につなげたい」「アプリサービス事業を始めたい」と少しでもお考えであれば、ぜひ一度セミナーにご参加ください。

セミナーでは、世界のアプリ成功事例やアプリを使った広報戦略、売上を拡大させる秘訣を余す事なくお伝えし致します。

少しでも「アプリ専門の開発会社がアプリのことまるっと教えるセミナー」に興味がある方は、ぜひ、セミナーにご参加ください。何かしら有力な情報を持って帰れることをお約束します。

あなたのご参加お待ちしております。

セミナー特典

数に限りはありますが、事例集とアプリ業界のマーケティング ノウハウ等を記載した業界紙を、お持ち帰りいただけます。

講師プロフィール

株式会社アプリクッキング
代表取締役

山下大輔

自動車整備士の専門学校を卒業後、大阪トヨタ自動車に入社。

1年半で退社し、独立。その後パラレルキャリアとして自身のビジネスを試行錯誤しながら2年間で20社以上の企業に勤めることで様々な業界の仕組みや風土を学ぶ。

その後、リサイクルショップ、ネイルサロン、飲食店、非営利団体、Webマーケティングコンサルティング会社、アプリ開発会社などを自身で設立。同時に200社以上の経営やマーケティングコンサルを行うことで、自身の経営哲学を創る。

2016年より本格的にアプリクッキングを経営する。

株式会社アプリクッキングとは

アプリクッキング最大の特徴は
「業界初のアプリ開発『定額制』を実現した会社」

スマホアプリ開発を専門に行う数少ない会社です。
アプリクッキングという社名はアプリを料理のように作るという思いが込められています。

スローガンはLet’s think together一緒に考えるです。

アプリ開発はどうしても高額になりがちです、そしてこれからの時代WEBからアプリへの移行はどんどん進みます。
しかし、中小企業がアプリを事業に活用するにはコスト面でのハードルが高すぎます。
そこで、アプリクッキングはアプリ開発のコストを抑えることに挑戦しています。
独自のノウハウを構築、業界初のアプリ開発定額制を実現しました。
創業3年で600以上
のアプリを開発を行いました。

今後はさらに安く、早く、そして良いものを作ることを目指していきます。

また、日本全体のミッションである「働き方改革」も行なっています。

開発会社なのに、プログラマーの正社員はほとんどいません。
そもそも正社員は少なく、フリーランスでも安定できる、またシングルマザーやシニアの方が自分のペースで仕事ができるような仕組みを作りました。
アプリクッキングはアプリ開発をしている会社ではありません
働くためのプラットフォームであり、手段がアプリ開発で、中小企業のIT化をサポートすることで社会に貢献することを目指しています。

また、業界初の「アプリコンサルタント」によるサポート体制も充実しています。

アプリ開発やシステム開発の会社は「開発」が仕事である場合が多くサポートというものはあまりないケースがほとんどです。

アプリクッキングはアプリを開発することはスタートであると考えています。中小企業の皆様はアプリを運用、活用することがなかなかできません。< br> そこで、「アプリコンサルタント」という業界初の人材を育成しています。アプリコンサルタントによるサポート体制がイチオシです。

この結果、3年間広告費を使わずに「紹介」のみでお客様が増え続けているというありがたい状況があります。

「アプリのことをまるっと学ぶセミナー」
開催概要

開催場所・日時
大阪開催 会場:
グランフロント大阪北館7階 ナレッジサロン
MAP
  • 7月10日(水) 16:00〜18:00定員:30名
  • 7月16日(火) 16:00〜18:00定員:50名
  • 8月15日(木) 19:00〜21:00定員:30名
  • 8月16日(金) 15:00〜17:00定員:100名
東京開催 会場:
みんなの会議室 東京駅前3階
MAP
  • 6月14日(金) 16:00〜18:00定員:30名
  • 6月17日(月) 19:00〜21:00定員:30名
  • 7月 3日 (水) 19:00〜21:00定員:30名
  • 7月19日(金) 15:00〜17:00定員:30名
  • 8月 1日 (木) 16:00〜18:00定員:30名
名古屋開催 会場:
調整中
MAP
  • 6月25日(火) 19:00〜21:00定員:30名
  • 7月17日(水) 19:00〜21:00定員:30名
  • 8月22日(木) 19:00〜21:00定員:30名
詳細情報

参加費無料

途中参加・途中退出OK

セミナーへのお申し込み

このページには直接アクセスできません。