AppCooking

アプリで優良患者を囲い込む

株式会社デントスタイルは、歯科医院向けに広告物を制作・販売されている会社です。主に歯科専門漫画やデジタルサイネージを販売されています。歯科界唯一の制作会社ではないでしょうか。

どうすれば患者の心を打つ漫画小冊子ができるのか・・・試行錯誤し、10年間で得たノウハウと実績を基に全国の歯科医院に広告物をご提案されています。そして今回、アプリクッキングのセミナーにご参加いただいたことがきっかけでアプリを導入してくださいました。
また、セミナーにご参加いただき「アプリは優良顧客を囲い込むことができる唯一のアイテム」とお話してくださった、株式会社デントスタイル代表取締役の今西さん。そこで、歯科業界になぜアプリが最適と感じてくださったのか、これからどうアプリを活用していくか、今西さんを取材させていただきました。

アプリは「あるだけでいい」
という考えに共感しました

はじめは公式アプリと聞いてもあまりピンと来なかったんですが「ユーザーが持っているスマホのファーストビューにうちのアイコンがあるだけで良いんじゃないか?」と言われて「たしかに!」と思ったんです。僕らは「応募数を増やしたい」とか「サイトの訪問数を増やしたい」という発想しかなかったんですけど、「あるだけでいいんだ」という発想になりました。あとは、安いし「やっちゃえ!」みたいなノリがアプリを導入した一番のきっかけです。

あとは、いま人材集客が大変な時期で、“ ビズリーチ ” のように新しいサービスが出てきたり、自社採用を強化するところが増えてきたことで集客も苦しんでいるんです。普通にやっていても集客できないし何をやろうか考えていた時に公式アプリの話を聞きました。うちのWebサイトを訪れて離脱する人に対して、公式アプリのダウンロードを促すスマートバナーがあるだけで離脱防止になるのではと思い、それなら公式アプリを使ってみようと思いました。

転職希望者から転職後の人まで
誰もが使えるアプリに

今までキャリアコンサルタントが転職希望の人と実際に面談をする時にLINE@の登録を促していたんですが、これを公式アプリのダウンロードに切り替えました。面談で会った転職希望者とやりとりしているのはキャリアコンサルタントという一個人でしかなくて、会社として繋がれる機会はメルマガぐらいだったんですよ。でも、このアプリを使えば会社としても個人としても繋がることができるので、面談した人、面接までした人、入社した人・・・それぞれに合わせたアプローチをしていきたいと思っています。

実は、実際に入社した人たちとやりとりする機会ってあまりないんですよね。そういう人たちに向けた情報発信の場としても使いたいです。アプリからコンテンツやマンガを読んでもらいたいですし、転職する前の人はもちろん、転職した後の人にも使ってもらえるようなアプリにしていきたいです。転職した人たちはまたうちのお客さまになり得るので、そこを繋ぎとめておくこともできるし、パチンコ業界から別の業種に転職しようと考えている人がいたときにそれを止めることもできるし、いろんな効果が期待できると思います。
もうひとつ「パチンコの求人」という別のアプリも作っているので、そことうまく絡めながら活用していきたいと思っています。

チャット機能で転職相談の
ハードルを下げられたら

今後、アプリに期待しているのは「チャット機能」です。現状、うちで求人の応募をする場合は名前や電話番号を入力する必要があるので、結構ハードルが高いと思うんです。そういう時にLINEなどより匿名性が高い「チャット」ができればやりとりしやすくなります。そうなれば応募もしやすくなるんじゃないかなと思います。
転職市場はだいたいそうだと思うんですけど、連絡が一方通行なんですよね。
転職したい人とお会いする前からやりとりできれば、「気になる求人があるんですけどどうしたらいいですか?」とか「転職はまだ考えてないんですけど今の転職市場ってどうなんですか?」といった軽いやりとりもできるようになって、相談のハードルも低くなると思います。そういうことができたら嬉しいので、チャット機能の搭載には期待しています。

PROFILE

株式会社デントスタイル

株式会社デントスタイルでは、歯科医院向けに広告物を制作・販売しており、主に歯科専門漫画やデジタルサイネージを全国の歯科医院に提案しています。

トップへ戻る