AppCooking

ご自身の体験をきっかけに
女性の起業サポートを開始

愛知県名古屋市を中心に個人事業主として活躍する橋本かんなさんは、女性の起業をサポートする事業を行なわれています。この事業を始めたきっかけは、ご自身の結婚にありました。結婚を機に勤めていた商社を退社して名古屋に住むことになり、その時にこれからは自分で個人事業主としてお金を稼いでいかないといけないと強く感じたそうです。
とはいえ何から始めていけばよいのか分からず、商社に勤めていたことが結果的に他のことを知る機会を失くしていたのではと思ったという橋本さん。このことに気がつくのが遅かったというご自身の体験から、女性の起業支援に潜在的なニーズがあると考えられました。

そこから女性の起業を支援したいと考え、自ら起業塾などに参加して起業やそれに付随する多くのことを学ばれ、現在は講師として事業を展開されています。
そんな橋本さんに、現在運用されているご自身の公式アプリについてお話を伺いました。

個人アプリを初めて見た時、
「これは来る!」と思いました

公式アプリとの出会いは、アプリクッキング代表の山下さんとお会いした時です。山下さんの個人アプリを見せてもらう機会があったのですが、その時に直感で感じましたね。「これは来る!」と!
今の世の中って、ホームページやブログ、SNSなどのコンテンツが増えすぎていて、しかもバラバラですよね。それぞれの管理や運営も手探りで、何が正解かも分からないし、効率も悪い。そう考えている時に、山下さんの個人アプリを見て「こんな使い方ができるの?」と思ったんです。スマホの小さな画面の中に、全ての情報が綺麗に整理されている。さらに、自分の世界観を作り出せている。これだったら、運営側はお客さんのことを考えていろんなことができそうだなと思いました。
近い将来、あらゆるビジネスにおいて公式アプリが使われている、そんな未来がすぐにイメージできました。

名刺交換がとても盛り上がるんです!

私の個人アプリが出来てからは、名刺交換をする時、必ず一緒にアプリストアのQRコードが入った「公式アプリカード」をお渡しするようにしています。
これが本当に盛り上がるんです!男性のかたに「橋本さんのファンクラブに入ったみたいですね!」なんて冗談を言っていただいたこともありましたね。私も「そうですね、50番目です!」なんて返してみたり(笑)。
とにかく目新しいので盛り上がります。名刺交換の時に「私のアプリがあるんです」なんて言われたら忘れないですもんね!自分のことを覚えていてもらいたい、そういう意味でも個人アプリは非常に効果的だと思いますし、何より楽しいですよね。

ブログのアクセス数が10倍に!

公式アプリを運営してから、ブログのアクセス数が多い日では10倍にもなりました。この理由は「プッシュ通知機能」だと思います。
これまでは、ブログを更新したことをFacebookに投稿してお知らせしていました。でも、SNSって見ていない間に情報が流れていってしまいますよね。ここに公式アプリがあると、更新情報をプッシュ通知機能でダイレクトにお知らせできます。
アプリ経由でのブログの流入が想像以上にあったことで、結果的にブログのアクセス数が飛躍的に伸びている状況です。

SNSやブログとは注目度が違う

私のアプリをダウンロードしてくださっているかたの多くは、私のブログやSNSもフォローしてくださっていると思うんです。でも、皆さんが私だけに注目して投稿を見てくれているかというとそうではないですよね。
その点で言えば、私のアプリには私の情報しかない。私の情報を求めてくれている人だけが見てくれているんですよね。そして、そのアプリにプッシュ通知が届くわけですから、注目や関心を持ってもらいやすい。ここが、SNSやブログとは全然違うと感じる公式アプリの魅力のひとつですよね。

アプリを通じて、皆さんともっと素敵な関係を築きたい

今後のアプリの運用については、まずコンテンツを充実させていこうと思っています。今、一番力を入れているコンテンツはスタンプカードですね。マンツーマンの相談を含め、お会いした際にスタンプを一つ押しています。皆さんには「私に会わなければスタンプたまりませんよ~」なんて声をかけているんですけど(笑)。
これが案外受けが良くて、皆さん楽しんでくれています。アプリを充実させて、皆さんともっと素敵な関係を築けたらいいなと思います。

PROFILE

橋本かんな

Cheerful pro の代表。女性起業準備アドバイザーとして活躍中。大阪府出身で関西学院大学経済学部を卒業。現在は愛知県に在住している。一部上場企業商社勤務を経て、人材教育系コンサルティング会社の新規事業の立上げを経験。その後、女性のためのビジネススクールの立上げに参画。講師、運営統括部長を兼任し、代表理事長の右腕・理事として事業展開に大きく貢献する。

トップへ戻る