AppCooking

 

ママに優雅になってもらいたい
という思いを込めて
全国各地で行なう産前産後ケア

「mamaluxe」とは母を意味する「mama」とフランス語で優雅になるという意味の「luxe」を合体させた言葉。言葉通り、ママに優雅になってもらいたいという思いを込めて全国各地で産前産後ケアをしている一般社団法人です。フランス語で名付けた意味は、フランスは子供大国でその上に産後の女性が輝ける環境が整備されている「産後ケア先進国」だから。フランスでは出産したすべての女性が産後の骨盤ケア(ペリネケア)を受け、出産前の体に戻してから社会へと復帰していく流れがあります。産前産後ケアをしっかりと行うことで、女性は今までよりも健康に、キレイになることができるのです。日本の現状として、産後の女性は体を戻さずに社会復帰や育児をする傾向にあります。

そんな中で、産後うつや虐待の問題が急増しており、少子化問題の一因もここにあるのではないかとmamaluxeは捉えており、フランスでの研修の経験や、日本の整体の良さを融合した高いクオリティの産前産後ケアを日本各地へ広めています。今回、そんなmamaluxeが公式アプリをリリースすることになりました。そしてmamaluxeが公式アプリをリリースしたきっかけや、今後の活用法などお話をしていただきました!

子供大国のフランスも、
以前は日本と同じ少子化だった

フランスが子供大国である大きな理由は、産後の女性が輝ける環境が整備されているから。まず、フランスでは出産したすべての女性が産後の骨盤ケア (ペリネケア) を受けます。しかも、産後ケアは国の保証で全額負担なんです、そして出産前の体に戻してから社会へと復帰していく流れができている。産前産後ケアをしっかりと行うことで、女性は今までよりも健康に、そしてキレイになることができます。そういった制度が整えられているから、子供を作ることに対してとても前向きで、子供大国と言われているのだと感じています。

対して、日本は負担どころか、そういったケアがあることすら知らない人が多いです。なので、フランス式の産前産後ケアを唱えながら、日本中のママたちが今よりもっと心身ともに幸せになっていってもらえたらと思っています。それが、社会全体をも良くすると感じているんです。今でこそ産後ケア先進国のフランスですが、日本と同じく少子化がすすんでいた時期がありました。その時期、日本と明暗を分けたのが、「産前産後の女性への手当を手厚くした所」でした。日本では未だ少子化が進んでいるので、mamaluxeの産前産後ケアを全国に広め、なんとかこのケアを普及させたいと思っています。

産前産後のケアが当たり前になる世の中にしたい

「産前産後ケアを当たり前に」を実現することで、産後のうつや、肉体的、精神的に苦しむママたちを救うことを目的としています。産前産後ケアを日本のスタンダードにすることで、国から守られている安心感や「もうひとり産みたい」と考える余裕を作ることで、日本の少子化を食い止め、日本が前進するような世の中にしていくことが、mamaluxeのミッションだと考えています。
そんな世の中にするために、全国各地の整体や接骨院が産前産後専門の骨盤ケアやマタニティケアをしています。そしてこれからもっと産前産後のケアをする整体や接骨院を増やし、産後うつや育児に苦しむママではなく、育児を楽しむママを増やしていきたいです。

クラウドファンディングで
歌付き絵本を制作

歌付き絵本をつくった目的は、絵本を通じて産前産後のママの気持ちを楽にしたかったからです。ママがリラックスできると、おなかの赤ちゃんもリラックスできます。そして、おなかの中の赤ちゃんがリラックスすると、ママもリラックスできると考えました。その理由から、お腹の赤ちゃんに聞かせてあげられる歌付きの絵本を作ることを、クラウドファンディングを通して挑戦しました!

ありがたいことにサクセスすることができ、歌付き絵本を形にすることができました!絵本に歌をつけることで、おなかの中でも赤ちゃんが絵本を読むことができます。おなかの中も外でもママとこどもはつながっているんです。そして、ママと赤ちゃんの両方を笑顔にすることができるのが、今回出版した絵本。「ママの笑顔はこどもの笑顔」「こどもの笑顔はママの笑顔」この想いが、1 冊の絵本へと変えました。

一般社団法人 mamaluxe の役員

mamaluxeの役員は全員男性というのもmamaluxeの特徴だと言えます。日々 “整体” という仕事を通じて産前産後の女性のケアを行い、クラウドファンディングに挑戦したり歌付き絵本を制作したりしてフランスのような産前産後先進国になるように活動を広めていますが、役員が男性だからこそ、これからITを駆使して日本のみならず世界中に “産前産後ケア” を広めていきたいと考えています。

アプリでの発信が、
ママたちの日常の豊かさに繋がる

公式アプリは元々作りたいと思っていました。そんな時、知り合いからアプリクッキングさんを紹介していただいたのがきっかけです。とにかく発信したい!ひろめたい!と思っています。
閲覧してもらうのを待つのではなく、プッシュ通知でこちらから伝えていくところがアプリのいいところだと感じています。そしてその発信が、ママたちの日常の豊かさに繋がっていくとも感じています。

ママだけではなく、
パパ向けの発信も視野に

アプリでの発信は、ママに向けての発信はもちろんの事、パパ向けにも情報発信していく予定です。ママには情報提供、そしてパパを教育するアプリにしていきたいと考えています。別名【パパ教育アプリ】みたいな感じですね。
パパに発信を考えたとき、はじめはきっと未読の通知数がアプリに表示されると思うんです。それを消すという理由でアプリを開いてもらってもいいと思っています。とにかく興味を持って、知ってもらいたい。きっかけはなんでもよくて、情報を見てもらう事が重要だと考えています。

アプリを通して世界中に
産前産後ケアを広めたい

7月にはママリュクスフェスタ開催を計画中なので、ここでアプリを使いたいと考えています。そしてこのフェスタをきっかけにママリュクスのアプリを知ってもらいたいです。
そして出産をしたら、このアプリをまずダウンロードしてもらい、アプリを通してママたちが優雅に暮らせる世界をつくっていけたらと思っています。そして、Facebookやinstagramのように海外の方にも産前産後ケアを知ってもらいたいと思います。

PROFILE

一般社団法人ママリュクス

ママに優雅になってもらいたいという思いを込めて、全国各地で産前産後ケアをしている一般社団法人です。フランス語で名付けた意味は、フランスは子供大国でその上に産後の女性が輝ける環境が整備されている「産後ケア先進国」だから。そんなフランスのように、日本も産前産後のケアを普及させて、女性がより輝ける世の中にするべく、全国で活動されています。

トップへ戻る