カスタマイズ申込フォーム - 規約

本利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社アプリクッキング(以下「当社」といいます)が提供するカスタマイズサービス(以下「本サービス」といいます)の提供条件及び当社とユーザーとの間の権利関係が定められています。本サービスのご利用に際しては本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意いただく必要があります。なお、ユーザーが本サービスの利用を開始した時点をもって本規約に同意をしたものとみなします。

第1章 総則

1.(定義)

本規約において用いる用語の定義は以下に定めるとおりとします。
(1)「当社サイト」とは、当社が管理・運営するウェブサイトであり、ドメインに「old.appcooking.jp」の文字列を含むウェブサイトを意味します。
(2)「アプリ制作契約」とは、当社がユーザーとの間で別途締結する当社が提供するアプリ制作サービスの提供に関する契約を意味します。
(3)「本アプリ」とは、当社がユーザーに対してアプリ制作契約に基づいて制作したアプリケーションプログラムを意味します。
(4)「カスタマイズ」とは、当社が本アプリに対して行う追加開発を意味します。
(5)「本サービス」とは、当社がユーザーに対して提供するカスタマイズサービスを意味します。
(6)「利用契約」とは、当社とユーザーとの間で締結する、本サービスに関する利用契約を意味し、本規約もこれに含まれます。
(7)「登録希望者」とは、当社との間でアプリ制作契約の締結を行った者のうち、本サービスの利用を希望し、登録の申込みを行い又は登録の申込みを行おうとする個人又は法人を意味します。
(8)「ユーザー」とは、アプリ制作契約の締結を行った者のうち、第5条の規定に基づき、当社が本サービスの利用者としての登録を承諾した個人又は法人を意味します。
(9)「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます)を意味します。

2.(アプリ制作規約との関係)

1.当社とユーザーとの間で締結されるアプリ制作契約に係る規約(サービス利用規約を含みますがこれに限られません。以下「アプリ制作規約」といいます)は、本規約と共に本サービスに適用されるものとします。
2.前条に定める他、本規約で用いられる用語の定義はアプリ制作規約に準ずるものとします。

3.(登録・アカウント)

本サービスへのユーザー登録、登録事項の変更およびアカウントの管理に関しては、アプリ制作規約所定の条件に準ずるものとします。

4.(カスタマイズ)

1.当社は、ユーザーから当社所定の方法による注文(以下単に「注文」といいます)を受け、本アプリのカスタマイズを行います。
2.当社は、ユーザーに対して、本アプリのカスタマイズを目的として必要な協力を要請できるものとし、当社から協力を要請されたユーザーは、適時にこれに協力するものとします。
3.ユーザーは、当社に対し、注文内容に応じた所定の料金を支払うものとします。
4.当社は、当社が本アプリの制作を開始した時点で登録ユーザーに対してカスタマイズの開始を通知するものとし、登録ユーザーは、当該通知を受領した後は、注文を撤回することができません。
5.当社は、いかなる事由があっても第3項に定める料金の払戻しを行っておりません。
6.本サービスによるカスタマイズが請負方式によって行われる場合、本章に加えて第2章および第4章が適用され、本サービスによるカスタマイズがラボ方式で行われる場合、本章に加えて第3章および第4章が適用されるものとします。

第2章 請負方式によるカスタマイズ

5.(本サービスの内容)

本サービスによるカスタマイズが請負方式によって行われる場合、かかるカスタマイズが行われた部分については、当社がアプリ制作規約として定めるサービス利用規約の第2章(アプリ制作)に関する規定が準用されるものとします。

第3章 ラボ方式によるカスタマイズ

6.(本サービスの内容)

本サービスによるカスタマイズがラボ方式によって行われる場合、当社は、本サービスの提供にふさわしい人員を確保してカスタマイズを実施し、ユーザーは、当社に対し、当社による本サービスの提供の対価として、当社の選定した人員の人月単価に応じ、毎月一定量の対価を支払うものとします。なお、当社は予めユーザーに対し、当社が選定する可能性のある人員の人月単価を提示するものとします。
前項の場合、当社とユーザーとの間で締結される利用契約は準委任契約であるものとし、本サービスは準委任契約に基づき提供されるものとします。

7.(細目)

本サービスによるカスタマイズがラボ方式によって行われる場合、ラボ方式により発生する基本料金、カスタマイズを実施する開発場所、ユーザーによる最低発注工数又は当社による確保発注工数等の細目については、別途本規約付属の申込書において規定するほか甲乙別途協議して定める。

第4章 その他一般条項

8.(利用料金、算定方法等)

本サービスの利用料金は当社とユーザーにおいて、カスタマイズの内容に基づき別途協議して定める額とします。

9.(委託)

当社は本サービスの提供に関する業務の全部もしくは一部をユーザーの承諾なしに、第三者に委託することができます。ただし、その場合、当社は責任をもって委託先を管理するものとします。

10.(禁止行為)

ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の行為を行わないものとします。
(1)法令、本規約又はアプリ制作規約その他本サービスに関する契約類に違反する行為またはそのおそれがある行為
(2)公序良俗に反する行為
(3)他のユーザーの利用を妨害する行為またはそのおそれがある行為
(4)本サービスの提供を妨害する行為またはそのおそれがある行為
(5)本サービスを構成するソフトウェアの解析、リバースエンジニアリングその他ソースコードを入手しようとする行為
(6)他人のアカウントを使用する行為またはその入手を試みる行為
(7)他のユーザーのデータを閲覧、変更、改竄する行為またはそのおそれがある行為

11.(知的財産権等)

本アプリおよび本サービスを構成する有形・無形の構成物(ソフトウェアプログラム、データベース、アイコン、画像、文章、マニュアル等の関連ドキュメント等を含む)、カスタマイズにより新たに開発された成果物に関する一切の知的財産権等は、当社または当社に利用を許諾した第三者に帰属します。

12.(保証の制限)

1.当社は、本サービスがユーザーの特定の利用目的に合致することや、特定の結果の実現を保証するものではありません。
2.当社は、本アプリがあらゆる環境下において良好に利用することができることを保証するものではなく、またそのような保証をするための動作検証および改良対応等を行う義務を負うものではありません。
3.当社は、本サービスの提供に際しては、バグ等が存在しないよう最大限努力を行いますが、本サービスは現状のまま提供されるものであり、当社は、本サービスのバグや不具合の不存在を保証するものではありません。

13.(免責及び損害賠償の制限)

1.当社は、本規約の各条項に従って制限された限度においてのみ、本サービスについての責任を負うものとします。当社は、本規約の各条項において保証しないとしている事項、責任を負わないとしている事項、ユーザーの責任としている事項については、一切の責任を負いません。
2.当社の責めに帰すべき事由によって本サービスに関してユーザーに損害が生じた場合であっても、当社に故意または重過失がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとします。
3.前項の場合において当社が負う賠償責任の範囲は、ユーザーが当社に対して支払った直近3か月分の利用料金の総額を上限とします。
4.前条および本条各項の規定を含む当規約上の規定で当社の責任を免除・限定する規定が、消費者契約法等の法律の適用により無効となった場合には、当社は、ユーザーに対して、ユーザーに実際に生じた直接的かつ現実の損害を賠償する責任を負うものとします。

14.(当社による利用停止・解除)

1.当社は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、ユーザーへの催告を要することなく本サービスの提供を停止し、又は利用契約の全部もしくは一部を解除することができるものとします。
(1)当社の事業に支障を与える行為を行った場合
(2)法令、条例、その他規則等又は利用契約に違反した場合
(3)重要な財産に対する差押、仮差押、仮処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申立てが行われた場合
(4)解散もしくは事業の全部を譲渡し、またはその決議がなされた場合
(5)自ら振り出しもしくは引き受けた手形または小切手が不渡りとなる等支払停止状態に至った場合
(6)監督官庁から営業停止、または営業免許もしくは営業登録の取消しの処分を受けた場合
(7)第4条第4項各号に掲げる事由の一つがある場合
2.当社は、ユーザーが利用契約等に違反し、またはユーザーの責めに帰すべき事由によって本サービスの提供を継続し難い重大な事由が発生し(以下「違反等」といいます)、当該違反等について、書面による催告をしたにもかかわらず14日以内にこれを是正しないときは、利用契約の全部もしくは一部を解除することができるものとします。

15.(契約期間)

1.利用契約の契約期間は、ユーザー登録完了日から1年間とします。本契約期間満了日の1か月前までにいずれの当事者から書面による更新拒絶の意思表示のない場合、同じ条件でさらに1年間更新されるものとし、その後も同様とします。
2.ユーザーは、理由の如何を問わず利用契約が終了した場合、ただちに本サービスの利用を終了し、以後、本サービスを利用することはできません。
3.当社は、理由の如何を問わず利用契約が終了した場合、本サービスに格納された一切のデータを契約終了日から30日以内に消去することができるものとします。
4.当社は、本条に基づいてデータを消去したことによってユーザーに生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。

16.(利用契約の契約上の地位の譲渡等)

1.ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約の契約上の地位を第三者に承継させ、または利用契約に基づく権利義務の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供してはならないものとします。
2.当社は本サービスに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利および義務ならびにユーザーの登録事項その他の顧客情報等を事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお本項に定める事業譲渡には、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

17.(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効又は執行不能と判断された既定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

18.(不可抗力)

当社は、天災、法令・規則の制定・改廃、その他の不可抗力によって本サービスの履行が妨げられた場合には、利用契約その他の一切の規定にかかわらず、かかる不可抗力によってユーザーに生じた損害について一切の責任を負担しません。

19.(協議)

本規約の解釈について両当事者間に異議、疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項が生じた場合、誠実に協議し、円満にその解決を図るものとします。

20.(準拠法および裁判管轄)

利用契約に関する事項については、日本法を準拠法とし、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2018年4月1日制定

 

同意して申し込む