学生がアイコンをタップしたくなるようなアプリに育てていきたい。奈良保育学院の想い

奈良保育学院が考えるアプリDX

生徒へのアンケートや連絡網、行事の予定や、イベントの出欠をアプリでしていきたいです。

特にOB・OG会からは特にアプリが期待されているんです。OB・OG会の集会の案内を今は紙で案内しているんですが、業種からは女性の卒業生が多く、結婚で性や住所が変わり、紙の案内が届かないそうなんです。

 なので、OB・OG会のかたからは在学中からアプリが馴染んでおけば、卒業しても、OB・OG会の集まりもアプリを通して案内できるんじゃないかっていう期待をされています。

コスト削減にもなると思うんです。コスト削減をして、浮いた予算で、アプリの改良に力をいれたいなと思っています。

 

 

現代の連絡網ツール

手頃な価格で、9割以上の人がもっているスマホを通して、連絡網が発信できることに魅力を感じました。

中学生・高校生・大学生が使うアプリと、年齢層が高い方のアプリは、対象者の好みが変わってくると思うので、これから運用していきながらどんどんよくしていきたいです。

今は全然更新できていないので・・・これから運用していきたいと思っています。

うちの雰囲気がつまってるアプリにできて嬉しいです。

知名度を広めるっていうのもうちの課題の一つなので、奈良保育のアプリも広めていきたいです。

 

 

様々なコミュニケーションツールの中で、一番最適だと感じた

メールで在校生に連絡をしていたんですが、メールは本当に学生は見ないんです。なので休校の連絡なんかもみられないから、メールとは違う方法がいいんじゃないかって思いました。

LINEも連絡網の一つとして使っているんですけど、プライベートなコミュニケーションツールっていうところがありますし、LINEにきている連絡の一つっていう風に、いろんな連絡に埋もれちゃいますよね。

その点公式アプリは、「奈良保育学院」のアイコンで通知を送ることができるので、そこは強みだと感じてます。これから情報配信していきたいです。

 

 

学生のスマホに学校のアイコンが入っているのが良い!

オープンキャンパスにきた受験生にアプリをインストールしていただいた際には、電車の中で携帯電話の中身をみたときに、奈良保育学院のアイコンが目に入って、「今この学校どうなっているのかな?」っていうので、ポチッと押してもらえるんじゃないかなって思っています。そうすることで、受験生からも忘れられない学校になるんじゃないかなって思っています。

卒業生の方も、「今学校どうなのかな?」って気軽に知ってもらえるきっかけになるんじゃないかなって思います。

 

アプリで就職サポートも

就職しても3年以内で辞めてしまう人も少なくないんです。そういった時の就職サポートもできるように、アプリで情報配信していきたいなって思っています。

就職先にとっても、生徒や保護者へのアピールの場にもなると思いますし、保護者様も安心してもらえるんじゃないかなって思います。

対象者が在学生・入学希望者・卒業生・保護者とそれぞれいるので、それぞれの対象者にあった運用をしていきたいです。

 

学生からの発信も面白いなって思いました。学生の実習や授業風景なんかも、情報配信でできたら面白そうだなと思いました。

 

将来的には、学生の出欠確認として、アプリ使えないかな~って思っています。イメージとしては、「文房具」ですね。一番身近なツールがスマホだと思うので、一番身近なアプリを文房具がわりで使ってもらえるようにこれから改良していきたいなと思います。

 

 

デザインにも力をいれていきたい

理想は、アプリを開くだけで気持ちが明るくなるようなアプリを目指しているので、そう感じてもらえるようなデザインは特徴的なんじゃないかなって思います。

これからもそこは大切にしていきながら、アプリも育てていきたいですね。

プッシュ通知もこれからしていくので、プッシュ通知も見て欲しいです。

副校長のブログも更新しているので、ブログ更新もプッシュ通知していきたいので、みていただけたら嬉しいです。

学生はinstagramとかに慣れているので、長い文章よりも、短文+写真で発信していく方がいいかな~。っていうのも思ったりしますね。

 

PROFILE

奈良県奈良市にある 60 有余年の伝統を誇る奈良保育学院は、奈良県の保育士養成施設では 最も古い歴史を持つ伝統校です。

卒業と同時に保育士資格と幼稚園教諭二種免許状の両方が 取得でき、学年担任制のきめ細やかな指導を実施しています。

 

アプリ活用勉強会に参加する