パラレルキャリア支援団体「一般社団法人UP」が考える、時代に合わせた情報発信と共有の場所

パラレルキャリアを支援する
一般社団法人UP( アップ )

一般社団法人UPは非営利で活動している団体。活動の内容としては主に、パラレルキャリアの支援を行われています。

「一言で『パラレルキャリア』と言ってもジャンルが広いので難しいですが、UP では特に『本業が安定した状態で、本業以外の何かにチャレンジして自身のキャリアを積んでいく働き方をしている人』または『そのような働き方をしていきたい人』を支援しています。現在、大阪・東京を中心に 500 名弱のメンバーがおり、今後は名古屋に展開していこうと考えているところなんです。」
そう語って頂いたのは、一般社団法人 UP 副理事長の榎本裕太さん。一般社団法人 UPの公式アプリを運用して2年余り、公式アプリをバージョンアップすることができるようになったということで、一般社団法人 UP の公式アプリをリニューアルされました。
そして、今回リニューアルされたきっかけや活用方法について、榎本さんにお話して頂きました。

 

実際に運用したからこそでてくる「アイディア」

なのに、なぜリニューアルしたのかというと、アプリを運用していく中で「こうしたい!」というアイディアが出てきたとともに、バージョンアップをすることでそれが可能になることを知ったからです。前回のアプリでもアプリの利便性は十分に感じていました。

例えばプッシュ通知。UPではイベントやセミナーを開催しているのですが、開始時間や場所の変更など、イベントやセミナーの予定が変更になることがあります。そういった時はプッシュ通知を使って修正した情報をすぐにメンバーにお知らせをしています。
プッシュ通知の送信も簡単で、メンバーもスマホに通知が表示されるのですぐに情報を受け取ることができる。
プッシュ通知機能は、UPを運営していく中でかなり活躍している機能の一つです。ですが、そのようにアプリを活用していく中で「もっとこうしたい」ということがでてきたんです。こういった時はアプリクッキングさんにすぐ相談と思っているので(笑) アプリ運用の相談をして、リニューアルを決めました。やりたいことやわからないことがあったら、やっぱり専門家に相談するのが一番ですね!

  

 

チャット機能で交流もできる

アプリ上でメンバー同士のコミュニケーションが取れるのもいいですね。アプリのチャット機能を使って気軽にコミュニケーションを取ることができらいいなと思っています。

これから更にアプリをフル活用して、メンバーがアイコンを無意識に開きたくなるようなツールにしていきたいです。もう少しでアプリの改良も終わるので、その後メンバーに広めていくのが楽しみです。

PROFILE
一般社団法人 UP

 

一般社団法人 UP は、パラレルキャリアを支援する非営利団体。今でこそパラレルキャリアという言葉が世間に広まっていますが、一般社団法人 UP はパラレルキャリアが広まる前から「パラレルキャリアの支援団体」として、メンバー自身がパラレルキャリアを先駆けて自身のキャリアを積んでいくだけではなく、パラレルキャリアの支援ができるように様々な活動をされてきました。現在は大阪・東京を中心に 500 名弱のメンバーがおり、今後は名古屋に展開していくそうです。

 

アプリ活用勉強会に参加する

相談カフェとは...

DX、集客、顧客満足度の向上など、気になる事や悩んでいる事を、カフェ感覚でお気軽にお話いただける場所です。

現在期間限定で、相談カフェ<無料>で開催中!

是非お気軽にご活用くださいませ。

※現在は、コロナウイルスの感染拡大防止のため、zoomにて開催させていただいております。

詳細・ご予約はこちら