美容サロンECOOが取り組む、社内DXとは

新型コロナウイルスが流行したことにより、日本全体がDXに急速に対応していかなければならない状況下にあります。その中で、顧客のためにECサイトの立ち上げや、さらに社内連絡を紙媒体の連絡から社内アプリへ と、DX化を進めてきたのが美容室のECOOさんでした。 ECOOさんは以前に店舗の公式アプリを制作されていました。公式アプリは「顧客の囲い込み」を一番の目的とし て導入されていますが、広告媒体だけだとアプローチしきれない部分をアプリで補えたらとも考えておられます。成人女性の9割はスマホを持っている、そういう現代の生活スタイルを考えると、スマホに自分の店舗のアプリを入れてもらえるのはやはり強いと思い、一度来ていただいたお客様へのアプローチとしてはアプリが最善なのではと、アプリに魅力を感じていただいているとのこと。

今回はDX化したことで、どのように変わったのかについて取材させていただきました。

 

社内アプリで管理をスムーズに

社内アプリを作ろうと思ったきっかけはものすごく単純なことで、やっぱり店舗数が増えてくると「アレやった?」「コレやってないよね?」といった食い違いが増えていくんですよね。情報伝達は正確にしたいのでアプリを考えました。 アプリをいつでも見られるというのがよくて、うちはスタッフのレッスンをしているんですけど、アプリに動画をあげておくだけでも1人でお店で練習ができるというメリットがあります。とりあえずこれさえ見ればスタッフがわかるようにと思い、勤務体制などもアプリにのせてあります。 情報の所在が明確ですし、社員のモチベーションの維持にもなりますし、「さっき話したけどな」「さっき言っ たけどな」ということが防げるのがいいですね。

 

スタッフさんからは社内アプリの評価はどうでしょうか?

スタッフからは好評ですね。新しいことを決めたり追加したらアプリを見てくださいねという感じで使っています。管理する側からだと効率的ですね。時間をかけずにできるので楽です。とてもシンプルですし。 グループLINEとかね、連動してガンガン使ってましたけど、ノートに投稿しても全然見ないですよね。(笑)流れていっちゃうし、あとから見たいときに読めない。ぱっとみたときとかも最後まで読めないですし、後で読もうってなっても忘れてしまうこともありますね。 社内みたいに内向きなことに関してはまだまだアナログが多いですよね。まぁ日本自体がまだアナログだなと思います。こういうアプリをやることによって、「あ、割とちゃんと先に進んでるんだな」って実感できます。それにブランディングにも繋がるのですごくいいと思っています。

 

社内アプリの機能はどう使われていますか? 手間とは思われますか?

手間だなとは感じないですね。 それに社内アプリに関してはそこまでプッシュ通知は使ってないですし、必要な項目って限られてますからね。あんまりややこしくなるとだんだん使わなくなってくるから、シンプルなほうが良いんじゃないかなって思います。

 

PROFILE
ECOO

大阪市の心斎橋駅・四ツ橋駅より徒歩 2 分の場所にある、ECOO( エクー ) 南船場店。「ナチュラルでヘルシーなテイストのヘアスタイル」と「ブリーチなしでも赤味を抑える技術」が大 好評で、「やりすぎず、ラフ過ぎない」お客様の自然な魅力を最大限に引き出します。

 

【ECOO公式アプリ】iOSのDLはこちら

【ECOO公式アプリ】AndroidのDLはこちら

アプリ活用勉強会に参加する

相談カフェとは...

DX、集客、顧客満足度の向上など、気になる事や悩んでいる事を、カフェ感覚でお気軽にお話いただける場所です。

現在期間限定で、相談カフェ<無料>で開催中!

是非お気軽にご活用くださいませ。

※現在は、コロナウイルスの感染拡大防止のため、zoomにて開催させていただいております。

詳細・ご予約はこちら